ソフトバンクがスマ放題の提供を延期!料金価格競争の幕開けへ!

スポンサードリンク

ソフトバンクが「スマ放題」の提供を延期!

ソフトバンクモバイルが4月21日から提供予定だった音声定額料金プラン「スマ放題」を延期すると発表をしました。来ましたね。NTTドコモの対抗策を練るために延期をきめたのでしょう。

スマ放題

ソフトバンクは今回の延期について「競争環境の変化に鑑み、提供開始時期を変更させていただきます」とコメントをしており、先日NTTドコモが発表した「カケホーダイ&パケあえる」と比較した場合戦うことができないと判断したのでしょう。

ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」のメリットは他社ケータイでも回数制限無しで無料通話が出来る点とデータ量を家族や個人でもiPhoneやiPadの違う端末に分け合えることがとても魅力的なプランとなっていました。

一方、ソフトバンクのスマ放題は他社ケータイに対して無料通話は可能ですが、一回に通話に出来る時間が決まっていたりと制限がありました。また、ドコモのようにデータ通信を分け合えることも出来なかったためどうしても比較した場合、ドコモの方が優位に見えるのは確かです。

第2次料金価格競争も幕開け

異例の提供延期という措置をとったソフトバンクですが、まさかドコモがここまで踏み込んだ料金プランを設定してくるとは思わなかったのかもしれません。

ドコモは2013年9月にAppleのiPhoneを投入しましたが契約者離れが止まらない状況となっており、これ以上傷口を広げたくないという思いもあるのだと思います。

ソフトバンクは、NTTドコモに対抗したプランを打ち出してくると思いますが、3社ともAppleのiPhoneを投入した今は、いかにサービスを良くするかしかなくなって来ています。これはユーザーにとってはメリットで第2次料金価格競争も幕開けと言ったところでしょうか。

auはまだ新料金プランを発表していませんが、静観していますがどのようなプランをぶつけてくるのか楽しみです。

ソフトバンクモバイル

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。