macOS Sierra betaをParallels Desktopにインストールする方法

スポンサードリンク

macOS SierraをParallels Desktop上にインストールする方法

2016年秋にもリリースが予定されてる「macOS Sierra 10.12」ですが、AppleはApple Beta Software Program登録者に対してパブリックベータ版の配布を開始しており、僕もサブ機となる12インチのMacBookにインストールをしてみたのですが、使用していたアプリが動かなくなってしまったり、パフォーマンスにも問題があったりと常用することができなかったのでOS X El Capitanにダウングレードしました。

とはいえ、せっかくApple Beta Software Programに登録をしているので次期OSの機能をひと先早く体験してみたいという思いがあり、仮想化ソフトの「Parallels Desktop 11 for Mac(パラレルデスクトップ)」を使って仮想上に「macOS Sierra 10.12」のインストールを試みてみました。

まずはOS X El Capitanをインストールする

パラレルデスクトップにベータ版の「macOS Sierra」をインストールする方法としてパラレルデスクトップに現行バージョンのOS X El Capitanをインストールして、そこにmacOS Sierraのデータをダウンロード、さらに別の起動ディスクを準備してそこにmacOS Sierraをインストールする形となります。

少々ややこしい手順を踏まないといけないのですが、パラレルデスクトップにまずは「OS X El Capitan」をインストールするところから始めます。パラレルデスクトップを起動してコントロールパネルから「仮想マシンの作成」を選択します。

Parallels Desktop 11 for Mac 仮想OSを新規作成

「新規仮想マシン」の画面から「復元パーティションを使用してOS X 10.11.5をインストール」を選択します。

パラレルデスクトップ OS X El Capitanをインストール

Appleのロゴマークが表示されパラレルデスクトップ上でOSが再起動します。

パラレルデスクトップ OS Xインストール

OS X ユーティリティが表示されるので「OS Xを再インストール」を選択して元々Macのストレージに格納されている復元パーティションから最新の現行OSのデータを使ってインストールが開始されます。

パラレルデスクトップ OS X ユーティリティ

しばらく待つとOS X El Capitanのインストール画面が表示されるので、指示に従ってインストールを続けます。

パラレルデスクトップにOS Xをインストール

しばらく待つとOS X El Capitan上のパラレルデスクトップ上にOS X El Capitanがインストールされます。Macの中にMacがあるって不思議な感じですが、仮想化ソフトではWindowsだけではなく、このような使い方も可能となります。

パラレルデスクトップにOS Xをインストール

なお、インストール直後が解像度がかなり低い状態になってしまい非常に見難い感じになってしまうのですが、Parallelツールをインストールしてから再起動して、ウィンドウの大きさを動かすことで適正な解像度に自動調整することが可能となります。

macOS Sierraをダウンロードする

Apple Beta Software Programに登録、サインインをして「引き替えコード」を取得します。

macOS Sierra パブリックベータ版のコードを取得

ここをクリックすることでMac App Storeの「購入」の項目でパブリックベータ版の「macOS Sierra」をダウンロードすることが可能となります。

macOS Sierraパブリックベータ版のをダウンロード

ダウンロードが完了すると「macOS Sierra」のインストール画面が表示されますが、ここでシャットダウンをします。

システムを終了

ここからパラレルデスクトップのコントロールパネルでの作業が必要となります。

起動ディスクを追加する

先ほどインストールしたOS X El Capitanのコントロールパネルの設定ツールを起動して「ハードウェア」から「+」をクリックして「ハードディスク」を新たに追加します。こうすることで、macOS Sierraをインストールするときに違う起動ディスクを選ぶことができるようになります。

ハードディスクを追加

ロケーションに先ほどインストールしたOS X El Capitan(OS X 10.11.5-0/hdd)を選択してOKをクリックします。

macos-serria-beta

再び先ほどインストールしたOS X El Capitanを起動します。

スポンサードリンク

macOS Sierraをインストール

すると、自動的にmacOS Sierraのインストール画面が表示されるのでここからインストールを進めます。もし表示されない場合はアプリケーションの中にアイコンが表示されてるのでダブルクリックすることで起動します。

macOS Sierra パブリックベータ

起動ディスクを選ぶ画面が表示されるので、先ほど新規で作成した起動ディスクを選択します。名称が同じになっているのでわかり難いですがストレージ容量が減っていない方が新規で作成した起動ディスクです。

起動ディスクを選択する

インストールが開始されます。

macOS Sierra 再起動

インストールが完了したらOS X El Capitanを終了させます。

システムを終了

パラレルデスクトップのコントロールパネルの右上にある「+」をクリックして再び新規仮想マシンをインストールします。「DVD/イメージファイルからインストール」を選択して続行します。

新規仮想マシンを追加

「ソースなしで続行する」を選択して続行。

ソースなしで続行

オペレーションシステムを「OS X」を選択して続行します。

OS Xを選択

適当な名前を入力して「インストール前に構成をカスタマイズする」を選択し続行。

インストール前に構成を選択

「ハードウェア」の「ハードディスク1」を選択して「OS X 10.11.5-0.hdd」を選択します。ついでにRAMの容量なども4GBくらいに増やしておいたほうがいいかもしれません。

ハードディスクを選択

仮想マシン構成の設定を完了させて続行するとmacOS Sierraのインストールが開始されます。

macOS Sierra インストール

しばらく待って設定などを入力することで…

macOS sierra beta インストール

macOS Sierraのイントールが完了します。このままの状態では解像度が1,024 x 768ピクセルから可動させることができないのでParallel Toolsをインストールします。

macOS sierra beta パラレルツール

これで解像度をウィンドウの大きさを変更するだけで最適になるように自動調整してくれるようになります。

まとめ

OS X El Capitan上にパラレルデスクトップを使用してmacOS Sierraをインストールしているのでパフォーマンスは少し遅いですが、新機能などを試してみたり、使用しているアプリが対応していくのかを随時確認することができ、正式リリースした時に本当にアップグレードしても問題ないのかを確認することもできるのではないでしょうか。

なお、OS X 10.10.5を削除してしまうとせっかくインストールしたmacOS Sierraの起動ができなくなってしまうので注意してください。必要ないと思って削除したら、起動できなくなってしまいました…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。