iPhone6sの3D Touchの使い方!ショートカットやプレビューが利用可能に!

スポンサードリンク
iPhone6s 3D Touchの使い方

iPhone6sの3D Touchを使う方法

iPhone6s/6s Plusの大きな特徴となっている感圧式タッチの「3D Touch」ですが、まだまだ荒削りな部分もあり本当に便利なのかどうかがよく分からない機能ですが、使い方について紹介したいと思います。

3D Touchはホーム画面のアイコンやSafariのリンクを強くタップすることで利用することが可能です。

ホーム画面からショートカットキーを利用する方法

例えば、カメラアプリのアイコンを強く押すと、ホーム画面全体にエフェクトが掛かって、カメラアプリだけが表示されます。

iPhone6s 3DTouch

そして、サブメニューが表示し、そのままショートカットキーとして機能するというものとなっています。

カメラアプリの場合は、セルフィーを獲る、ビデオ撮影、スローモーション撮影、写真を撮る、のショートカットキーを利用することができます。

3D Touch カメラ機能

また、写真アプリにおいてLive Photosで撮影された写真を再生するときも強く写真をタップすることで再生することが可能となっています。

写真アプリは、最新、お気に入り、1年前、検索、のショートカットキーが使えます。

3D Touch 写真アプリ

写真を強くタップするとプレビュー表示します。そして、上にスワイプすることでメニューが表示され任意の操作が可能に。

写真 iPhone6s 3D Touch

時計アプリは、アラームを作成、ストップウォッチを開始、タイマーを開始、のショートカットキーが使えます。

時計アプリ 3D Touch

地図アプリは、自宅への経路、現在地をマーク、自分の現在地を送信、周辺検索、のショートカットキーが使えます。周辺検索など簡単に利用できるのは便利かもしれませんね。

地図アプリ 3D Touch

メモアプリは、新規メモ、新しい写真、新しいスケッチ、のショートカットキーが使えます。

メモアプリ 3D Touch

リマインダーは、ファミリーに新規追加、タスクに新規追加、のショートカットキーが使えます。(たぶん、カテゴリー名によって表示が変わる?)

リマインダー 3D Touch

App Storeは、コードを使う、検索ののショートカットキーが使えます。iTunes Storeなども同じショートカットが利用可能です。

App Store 3D Touch

メールアプリは、受信、VIP、検索、新規メッセージ、のショートカットキーが使えます。未開封メッセージの数なども表示されます。

メール 3D Touch

受信したメールのリンクやアドレスを強くタップすることで、プレビューを表示させたり、連絡先に追加したり返信したりすることも可能。

電話アプリは、新規連絡先を作成、のショートカットキーが使えます。なぜ、新規連絡先の作成なのか…ちょっと謎です。

電話アプリ 3D Touch

メッセージアプリは最近の受信したメッセージの連絡先が表示され新規作成もここから可能。

メッセージアプリ 3D Touch

カレンダーは、イベントの追加、のショートカットキーが使えます。

カレンダー

Safariは、リーディングリストを表示、ブックマークを表示、新規プライベートタブ、新規タブ、のショートカットキーが使えます。

Safari 3D Touch

ブックマークやプライベートタブを直接起動できるのは便利な機能といえるかもしれません。

Safariではプレビュー機能を利用可能

スポンサードリンク

Safariはアプリ内でも3D Touch機能が利用可能で、リンク先のプレビュー画面を強くタップすることで閲覧することができます。

Safari プレビュー機能 3D Touch

リンクを強くタップするとリンク先の表示が浮き上がって表示されます。そのままさらに強くタップすると、リンク先に完全に移動します。

プレビューが表示される

プレビュー表示のまま、上にスワイプすると、新規タブで開く、リーディングリストに追加、コピー、の3つのメニューが表示され、それぞれの指示を出すことが可能。

Safari サブメニュー

リンク先を少しだけのぞき見するのには便利な機能といえるかもしれませんが、本当に必要な機能なのかはちょっとハテナマークです。3D Touchの機能は絶対に必要というものでもないので、アップルとしても手探り状態で実装した機能といえるかもしれません。

機能をオフにする方法

もし、「3D Touchなんていらない!」というiPhone6sを全否定する方は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「3D Touch」から機能をオフにすることも可能。

3D Touch オフ

また、強さ加減も調整することもできるようです。色々と微調整をして使いやすいようにしていくのがいいのかもしれない。

今後に期待だ!

今後、3D Touchを活用した「コレは凄い!」と思わせるような操作体験を実現できることに今後に期待したいところ。現時点ではアップルの純正アプリでも対応していないアプリがあったりするので、サードパーティー製のアプリでも、3D Touchを活用した機能が追加されることで進化をしてきそうな予感はします。

AppleオンラインストアでiPhoneをチェック
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。