初代iPhoneは普通の人が使えるまでに3年以上の開発期間が掛かった

スポンサードリンク

初代iPhoneは開発に3年掛かっていた

AppleとSamsungの特許訴訟の2回目の裁判でAppleの重要な特許5件をSamsungが侵害しているとして20億ドルの損害賠償を請求するという判決が下っていますが、AppleのソフトウェアエンジニアのGreg Christie氏がiPhoneのロック解除の機能に関する開発について語りました。

初代Iphone

Greg Christie氏はスライドロックで解除する機能を開発した一人なのですが、彼は初代iPhoneが一般の人が普通に使えるようになるために3年もの歳月が掛けて開発されたと証言をし、iPhoneはAppleにとっては初めての分野への進出で極めて高いリスクを伴ったそうです。

Appleは誰でも簡単にiPhoneを操作できるようなデザインを実現をするために何百という膨大な数のデザインを検討したそうです。

iPhoneのスライドロックで解除する機能ですがタッチパネルを採用することでポケットの中で勝手に電話を掛けてしまうということを心配して開発されたもので、どうしても待機状態はロック画面にしておくことは必要となりそれを簡単に解除できる方法としてスライドロックという機能が開発されたようです。

今では当たり前の機能

今では当たり前のようなスライドロック解除機能ですが、当時の携帯電話では折りたたみではないストレート型の携帯電話でおく誤発信をして電話をしてしまうということがよく発生していました。

しかし、iPhoneが登場してからスライドロック解除機能がスマートフォンがに当たり前のように搭載されていますがこのような間違い電話は本当に減ったのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。