iPad mini4のRetinaディスプレイは表示色域が広くなり低反射で美しく!

スポンサードリンク

iPad mini 4の表示品質は大きく向上

ディスプレイの表示品質を評価しているDisplayMateが iPad mini4 のディスプレイについて評価を行い、旧型の iPad mini と比較して大きく表示品質が向上していると評価していることが明らかになりました!

iPad mini4

色域が62%から101%に!

iPad mini 2/3のRetinaディスプレイは、以前の調査より色の彩度が貧しく、iPad Air2の色域はsRGBの107%なのに対しiPad mini3は62%しかないことが明らかになっていました。

しかし、新型の iPad mini4 においては iPad Air2 と同等の 101%の色域を持っていることが明らかとなり、iPhone 6/6 Plus、iPad Air2 と同様のディスプレイ表示品質まで向上しているとのこと。iPad mini4のRetinaディスプレイはiPad Air2と同じフルラミネーションディスプレイが採用されたことがAppleが正式に発表していますが、同時に表示品質が大きく向上したようです。

反射率も大きく低減

さらに、iPad mini4はフルラミネーションディスプレイを採用しiPad mini2/3のディスプレイと比較し反射率も低くなっていることがDisplayMateの調査により明らかに。

  • iPad miniの反射率:9%
  • iPad mini2/3の反射率:6.5%
  • iPad mini4の反射率:2%

実際に、iPad mini4 の実機にてディスプレイ画面表示を確認したところ、確かに iPad mini2 や iPad mini3 よりも色彩表示が綺麗になっていました。

iPad mini4 はA8プロセッサに2GBのRAMを搭載し性能的にも大きくスペックアップしヌルサクなモデルに進化を果たしましたが、さらにディスプレイの表示も綺麗になったことから魅力度は大きく向上したといえるのではないでしょうか。

僕はiPad mini2を所持していますが、非常にiPad mini4が欲しくなっています…!乗り換えるか、否か、どうするか…!

→ iPad mini 4 – Apple Online Store
→ iPad mini 4 – ソフトバンクオンラインショップ

7.9インチ版のiPad Proの噂

追記:新情報によると7.9インチディスプレイを搭載した「iPad Pro」が2016年9月にもリリースされるのではないかという噂があります。12.9インチのiPad Proを皮切りに9.7インチモデルも「iPad Pro」が登場し7.9インチモデルもついに発売されるのではないかというものです。

7.9インチのiPad miniは低価格でAppleとしては利益が少ない製品でもあるので少しでも付加価値をつけて利益に結び付けたい、そんな思惑も見え隠れしているようにも感じますね。

DisplayMateMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。