iPhone 5s/5cのRAM容量は据え置き1GB!iOS7のメモリ管理は優秀?

スポンサードリンク

「iPhone 5s/5c」のRAM容量は1GB

アップルの「iPhone 5s」と「iPhone 5c」のスペックの詳細などMacお宝鑑定団Blogが伝えています。「iPhone 5s/5c」のRAM容量は「iPhone 5」と同様1GBのようです。

iPhone5C iPhone5S

「A7」プロセッサ「iPhone 5s」のスペックは下記の通り

  • A7プロセッサ 最大動作周波数 1.3GHz
  • L1キャッシュサイズ:64KB
  • L2キャッシュサイズ:1MB
  • RAM容量:1GB

L1キャッシュサイズは64KBとiPhone5の2倍となっており、L2キャッシュサイズは1MB、RAM容量は1GBとiPhone5と同じになっています。

下記グラフは以前にMacRumorsが公開した「iPhone 5と「iPhone 5s」のベンチマークを比較したものとなっています。

iPhone5S vs iPhone5 グラフィック性能

「A6」プロセッサ「iPhone 5c」のスペックは下記の通り

  • A6プロセッサ 最大動作周波数 1.25GHz
  • L1キャッシュサイズ:32KB
  • L2キャッシュサイズ:1MB
  • RAM容量:1GB

最大動作周波数がiPhone5は1.3GHzに対し「iPhone 5c」のA6プロセッサの最大動作周波数は1.25GHzに抑えられているようです。L1キャッシュサイズは32KB、L2キャッシュサイズは1MB、RAM容量は1GBとiPhone5と同じとなっています。

さらに各アップル製品のベンチマーク比較の結果も公開しています。

比較対象として、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4S、iPhone 4、iPad (4th)、iPad (3rd)、iPad 2、iPad mini、iPod touch (5th)、iPod touch (4th)となっています。

Geekbench3の結果は、32bit計測がiPhone 5と比較してiPhone 5sは1.4倍高速、64bit計測がシングルコアは約1.4倍、マルチコアは約1.5倍高速という結果となったようです。

large-5238bc43d86ea

GFXBenchの結果は、iPhone 5sのGPU性能をiPhone 5と比較してオンスクリーンは約1.3倍、オフスクリーンは約1.8倍高速だったようです。

large-52338f57e09bf

やはり「iPhone 5c」の性能は「iPhone 5」より少しだけ劣るようです。他の製品のベンチマークの比較も出来て面白いのですが、iPhone 4の性能が極端に低くなっており、それでも「iOS 7」が動作対象内となっているところがスゴいですね。実用レベルなのかどうなのかが気になるところです。

現在、AndroidのフラグシップスマートフォンのRAM容量は2GBが当たり前になってきており、3GBというスマホも登場してきています。これから1年間戦う必要のあるアップルのフラグシップモデル「iPhone 5s」で据え置き1GBのRAM容量にしたのは「iOS 7」のメモリ管理が優秀でそこまでメモリを圧迫しないであろうというアップルの自信の表れなのでしょうか。「iOS 7」が間もなくリリースされますが楽しみです。

Macお宝鑑定団Blog
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。