iPod Classicの販売終了理由は「部品調達が困難」!Touchの話は?

スポンサードリンク

iPod Classicを販売終了させた理由

Appleのティム・クックCEOがWSJD Live conferenceに登壇して、iPod Classicについて販売を終了させた理由について語っています。

iPod Classicは iPod としては第6世代機としてアルミ筐体として2007年9月に登場し、2014年9月10日に販売が終了するまで容量を変更するなどの改訂を2回行っています。

iPod classic

ティム・クックCEOはiPod Classicの販売を終了した理由として、製造するにあたって必要となる部品を入手することが困難になったとのこと。では、開発をし直せばいいのではと思ってしまうのですが、新しいバージョンのiPod Classicのユーザー需要が少ないと判断したそうです。

iPodシリーズはどうなる?

iPod Classicの容量は最大160GBとなっており、現在のiPhoneの最大容量は128GBありますが、iPod Classicの後継機となったiPod Touchの最大容量は64GBと今までiPod Classicを利用していたユーザーはどうすればいいのかという問題もあるのですが、iTunes Matchなどのクラウド上に音楽を保存することもできる環境を作ったことで役目は終えたと判断したのでしょう。

せめてiPod Touchをモデルチェンジして128GBモデルを作って欲しいところ。

Ipod touch 5 colors 800x538

ついでに、CPUプロセッサもA5チップからA7チップあたりにバージョンアップしてくれればいうことなし!!

現行モデルとなるiPod Touch 5が発売されたのは2年前の2012年9月のことで、今年のiPhone 6/6 PlusやiPad Air 2の発表の時にiPod Touch 6の発表もあるかと思っていましたが、発表されることはなくiPodシリーズ自体の存続が危ぶまれています。

iPod Classicの販売終了は部品調達が出来なくなったという事実はあるでしょうが、Appleとしては利益率が高いiPhoneをもっと使って欲しいという想いがあるのでしょう。

となると、このままiPodシリーズも消えてしまう可能性もあるのかもしれません。WSJD Live conferenceでiPod Classicの話はいいからTouchの話をしてくれれば良かったのに…!なぜ、Touchに関しては語らないのだ?!

追記:iPod Touch 6がリリース!

iPod Touch 6が2015年10月に発売が開始されました。A8プロセッサに1GBのRAMを搭載するなど、大幅に性能をアップさせての登場となり、さらに128GBのストレージ容量も追加されたことでiPodの存在意義はまだまだ高いように感じます。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。