AppleがiPhone6s/6s Plusの性能が部品メーカーによって2〜3%異なることを正式に認める!

スポンサードリンク

Appleが部品メーカーによって性能が異なることを明らかに

iPhone6sとiPhone6s Plusに搭載されているA9プロセッサの性能が異なる問題ですが、Appleが公式に製造メーカーによって電池の性能が異なることを明らかにしたようです。これはArs TechnicaがAppleに確認を入れたことで明らかになったようです。

A9Xプロセッサ

性能差は2〜3%程度

ただし、Appleは様々なところで行なわれている実験は非現実的なものとなっており、プロセッサが継続的な重いワークロードで実行することは考えられない、実世界におけるバッテリ寿命の誤解いを招く方法と批判をしています。その上で、AppleはiPhoneに搭載されている部品メーカーの違いによって2〜3%の性能差があることを明らかにしました。

今回の発表はA9プロセッサによる性能差であることの明言は避けた形となりましたが、部品メーカーによって性能が異なることは事実のようです。

TSMC製の方が有利か

とはいえ、今までの実験を見る限りバッテリーの寿命に関してはかなりの性能差があることがわかっているため、数多くの実験においてもサムスン製よりもTSMC製のA9プロセッサを搭載したiPhone6s/6s Plusの方が性能が高く電池の持ちが良いという結果が出ています。

このことからTSMC製のA9プロセッサを搭載したiPhone6s/6s Plusの方が高性能であるということは間違いないのかもしれません。ユーザーは選ぶことができないので運に身をまかせるしかありませんが…

iPhoneはオンラインストアで!

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 高負荷な作業を行った際はバッテリー持ちに差ができるが、普段使う分にはTSMC製でもSamsung製で大きな差は出ない事が分かっています。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。