2016年に発売のiPhone7はiPod Touch並の薄さを実現か

スポンサードリンク
iPhone7 コンセプトデザイン

iPhone7はiPod Touch並の薄さに?

まだiPhone6sが正式に発表されていませんが、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、2016年に発売する iPhone7 はiPod Touch並に薄くなり6mmくらいの厚さになると報告しているそうです。

2016年モデルとなる「iPhone7」はデザインが刷新されるとみられますが、それにあせて本体の薄さは6〜6.5mmになるとのこと。現行モデルのiOSデバイスは以下の寸法となっています。

  • iPhone6:6.9mm
  • iPhone 6 Plus:7.1mm
  • iPod Touch:6.1mm

今年発売されるiPhone6s/6s Plusは感圧タッチパネルなどの搭載から少しだけ厚くなってしまうという情報がありますが、来年の新モデルではこの問題を解決するということになるのかもしれません。

バッテリー容量は小さくなるのは大丈夫か?

これだけ本体を薄くするということはバッテリーの容量を減らすということになり電池の寿命が短くなるのではないかという懸念もありますが、最新プロセッサとなるA10プロセッサは10nmプロセスでさらに微細化する見込み。

その他にの省電力化の相乗効果で実現が可能なものになる可能性は充分にありそうです。

4Kには興味なし

スポンサードリンク

また、市場では4Kディスプレイを搭載したスマートフォンが登場する兆しをみせていますが(ソニーのXperia Z5 premium)、Appleは4Kディスプレイには全く興味を持っていないとのこと。

確かに、5.5インチ以下のディスプレイで4Kディスプレイの解像度が必要なのかという疑問を感じます。Appleはそれよりも、省電力なiPhoneの開発に専念したいという考えなのかもしれません。

関連
iPhone7のA10チップは10nm FinFETプロセス採用でTSMCが生産か
iPhone4/4sのデザインをベースとしたiPhone7のコンセプトデザイン

先日発売されたiPod Touch 6は非常に薄く・軽くて処理速度も速くなったので使い勝手は良いです。このサイズ感がiPhoneでも実現することができたら、本当に最高のデバイスになる予感がします。まだ、iPhone6sも発表されていませんが…。

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。