iPhone7 Plus(3GB)とiPhone7(2GB)RAMの容量でパフォーマンスの差はほぼなし!

スポンサードリンク

iPhone7とiPhone7 Plusの性能の差

iPhone7は2GBのRAM、iPhone7 Plusは3GBのRAMが搭載されていることが明らかになっていますが、9To5Macが両デバイスでRAMの容量の差でパフォーマンスの違いが出るのかを実験した比較動画を公開しています。

実験はSafariで24個のタブを開いてタブを切り替えていくというもので、動作の滑らかさやリロードについて比較をしています。結果としては、2GBのRAMのiPhone7と3GBのRAMのiPhone7 Plusとパフォーマンスの差はほとんどなかったことが明らかになりました。

iPhone7とiPhone7 Plus
左:iPhone7 右:iPhone7 Plus

こちらの動画からパフォーマンスの差を見ることができますが、動作はほぼ同じと判断しても良いでしょう。

今回の実験はSafariだけで比較をしているものなので実際には様々なアプリを起動した状態のマルチタスク作業をすることが多く、一概にパフォーマンスの差がないと言えないかもしれませんが、iPhone 5s(1GB RAM)とiPhone SE(2GB RAM)ほどの大きなパフォーマンスの差はないと言えるのかもしれません。

MacのSafariでもガッツリ使ったとしても1GBのRAMの使用率を超えることはがないので、2GBと3GBのRAMの差でパフォーマンスに差が出ることはほとんどないのかもしれません。もし、3Dの負荷の高いゲームアプリとマルチタスキングをした場合にどうなるかが気になところかもしれませんね。

iPhone7 Plusが3GBのRAMである理由

iPhone7 Plusが3GBのRAMの容量を搭載している理由は明らかになっていませんが、理由なくして3GBのRAMを搭載することはなく、デュアルカメラシステムの画像をスムーズに処理するために必要なRAMの容量なのではないかと言われています。

いずれにしてもiPhone7 PlusはA10プロセッサと3GBのRAMを搭載していることから9.7インチのiPad Pro(A9Xと2GB RAM)よりも性能が高いということになります。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

AppleオンラインストアでiPhoneをチェック
9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。