iPhone7の予想コンセプト!3つのディスプレイサイズでデザイン統一!

スポンサードリンク

スッキリしたiPhone7の予想コンセプトデザイン

2016年に発売されるとみられるiPhone 7はデザインは刷新されるモデルになるはずです。どんなデザインになるのかはAppleだけが知っていることになります。

そんな中で、いろんな方々が「次期モデルはこうなるのではないか」と予想したコンセプトデザインをいくつも公開していますが、個人的にはデザイナーのEric Huismann氏が考えたデザインはシンプルでなかなか良いのではないかと思っています。

技術的に可能なのかどうかはわかりませんが、iPhoneの背面パネルのDラインはケースを装着せずに利用すると、やはり気になってしまうデザインです。Eric Huismann氏が考案したiPhon e7のデザインはそのラインを取っ払ったシンプルなものに。

iPhone7 コンセプト予想デザイン1

Appleは本当はこのようなデザインをしたかったのかもしれませんが、電波の干渉の問題から仕方なく現行のようなデザインに落ち着いてしまっているのでしょう。何とか技術革新でデザインをよりシンプルなものになることを願いたいところ。

4インチ、4.7インチ、5.5インチの3モデル

ラインナップは4インチ、4.7インチ、5.5インチの3モデル。すべて同じデザインになり4インチだけデザインが異なる現行のラインナップに比べて統一感が出ています。

iPhone7 コンセプト予想デザイン2

これを待ち望んでいるんですよね。

スペースグレイではなくiPhone 5の時に存在したブラックが再び登場。ブラックは塗装がハゲることからiPhone 5sよりスペースグレイに改めて登場しましたが、純粋なブラックを待ち望んでいる方も多いかもしれません。

iPhone7 コンセプト予想デザイン3

また以前から噂されているように3.5mmヘッドフォンジャックが廃止したデザインとなっています。

iphone-7-airpods-1024x576

付属のヘッドフォンはBluetoothが基本仕様となります。

予想スペック

スポンサードリンク

3モデルともに3D Touchを搭載、32GB、64GB、128GBのストレージ容量、ディスプレイは4インチが1,334×750ピクセル、4.7インチが1,920×1,080ピクセル、5.5インチが2,560×1,400ピクセルの401ppiの解像度に。

iPhone7 コンセプト予想デザイン4 予想スペック

現行の4.7インチの解像度を4インチのディスプレイで搭載したとしたら細かすぎるのではないかという不安点もありますが、より多くの情報量を4インチディスプレイで得ることができるのはいいかもしれませんね。

他社製のスマホでは5.5インチクラスになると2,560×1,400ピクセルの解像度のディスプレイを搭載したモデルもあるので可能性としてはあるのかもしれません。プロセッサについてはA10プロセッサが搭載されることは確実でしょうが、どれくらいの性能アップを果たすことができるのか注目です。

いずれにして、4インチモデルの新モデルが発売されるという噂がある中でデザインは3モデルとも統一する可能性はかなり高いと言えるのかもしれません。

handy-abovergleichCult of Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。