A9のベンチマークでCPUが28.5%、GPUが60%高速へ!A9Xのスコア結果も明らかに!

スポンサードリンク
applea9.jpg

A9プロセッサのベンチマークスコアが公開

iPhone 6s/6s Plusに搭載される見込みとなっている「A9プロセッサ」のスペックやベンチマークスコアの情報が中国のWeiboに投稿されていることが明らかになりました!

GeekBenchとGFXBenchによって計測されたA9チップですが、次期iPadにも採用が考えられるA9Xチップのスコアも公開されているようです。

A9 A9X A8 A8X
クロック数 1.85GHz ? 1.4GHz 1.5GHz
コア数 2(?) 3(?) 2コア 3コア
RAM 1〜2GB ? 1GB 2GB
GeekBench(シングル) 2090 2109 1630 1812
GeekBench(マルチ) 3569 5101 2921 4477
GFXBench
MANHATTAN
30.3 ? 17.8 32.4
GFXBench
T-REX
66 ? 42.3 70.4

この結果によりA9プロセッサはiPhone 6/6 Plusに採用されているA8チップと比較してCPUで28.5%、GPUで60%のスペックアップを果たしていることになります。

iPad Air 3とiPad mini 4に搭載されるであろうA9Xプロセッサにかんしてはシングルコアで2109、マルチコアで5101となっており、A8Xと比較しても少しだけのスペックアップに留まっているようです。コア数は不明ですが、スコア結果を見る限りは3コアの可能性は高そうです。

RAMの容量は2GBか

また、A9チップのRAM容量は以前は1GBではないかという情報もありましたが、2GBのRAMが採用されることになりそうです。

関連 iPhone6sはA9チップ2.0GHzでRAMの容量は1GBという可能性

WCCF Tech気になる、記になる…

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。