iOS8.3にiMessageの迷惑メールを簡単に報告しブロックできる機能搭載へ

スポンサードリンク
iOS8.3 beta メッセージ スパム

iOS8.3はiMessageのスパム対策機能が搭載か

最新バージョンとなる「iOS8.3」のベータ版が開発者に提供されていますが、最新のベータ版には迷惑メール(スパムメール)を報告する機能追加されているそうで、簡単にAppleに通知をしてメッセージを削除することができる機能が搭載されています。

iOS8.3 beta 3にて、メッセージアプリが改良されており連絡先に登録されていないメッセージは別のフォルダに分けることができるフィルタリング機能が追加されました。

関連 iOS8.3 beta3はメッセージのフィルタリング機能が利用可能に!

今回明らかになった機能は、連絡先に登録していないメッセージを受信すると「Report Junk(迷惑メールとして報告)」を選択することができ、クリックすることでAppleに迷惑メールとして報告することができるようです。

迷惑メールのブロックと報告が簡単に

スポンサードリンク

ここでのメッセージとはApple機器同士で仕様できるiMessageのことを指していますが、iOS8.2までは迷惑メールを受信した場合はメールアドレスや携帯電話の番号を設定からブロックし通知されないようにする必要がありました。また、Appleへの報告もスクリーンショットを添えてimessage.spam@icloud.comにメールを送る必要があったため、非常に手間が掛かっていました。

このような手順があったことすら知らなかったのですが、iMessageはApple機器同士なら簡単にメッセージを送受信できることから迷惑メールで悩んでいるユーザーも多いそうです。

iOS8.3に簡単にブロックし報告できる機能が追加されれば非常に便利になるので期待したいところですね。

AppleInsider

追記:iOS8.3正式版で迷惑メールフィルタリング機能追加へ

iOS8.3正式版においても迷惑メールフィルタリング機能が搭載されました。

デフォルトではオフになっているので利用したい方は「設定」→「メッセージ」→「不要な差出人をフィルタ」をオンにすることで連絡先に登録されていない人からのメールは別のリストに振り分けられることになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。