iOSのメールでGmailのログインができない時は2段階認証のアプリパスワードの生成を!

スポンサードリンク

iOS8のメールアプリで二段階認証したGoogleアカウントを利用する方法

iPhoneやiPadに搭載されているiOS8のメールアプリはGoogleの二段階認証プロセスを正式に対応していません。なので、メールアプリでGoogleアカウントのパスワードを入力すると弾かれてしまいます。

iPhoneメールアプリ gmail パスワードが違う

エラーメッセージも二段階認証が有効になっていることを教えてくれないのでしばらくなぜ弾かれているのか分からなくなってしまいますが、そんな時はGoogleアカウントの二段階認証が有効になっていることを思い出して下さい。

二段階認証を有効になっているGoogleアカウントを利用するときにiOS8のメールアプリを利用するときは通常のGoogleアカウントのパスワードではなく二段階認証用の個別のアプリパスワードをGoogleアカウント側で設定をする必要があります。

Googleアカウント側でのアプリパスワードを生成しiPhoneのメールアプリでG-mailのアカウント設定をする方法を紹介します。

Googleアカウントでアプリパスワードを生成する

googleにアクセスして「アカウント」を選択します。

Google アカウント

アカウント設定の「ログイン」の項目の中にある「アプリパスワード」を選択します。

アプリパスワード google

新しいアプリパスワードの生成をするので「iPhone」の「メール」を選択します。

アプリパスワードの生成

すると16桁のアプリパスワードが生成されるのでこれをメモします。このパスワードがiOS8のメールアプリ(G-mail)のアカウントパスワードとなります。

Google 16桁のアプリパスワード

iOS8のメールアプリでG-mailを設定する

「設定」の「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。

メール/連絡先/カレンダー

「iCloud」を選択します。

iCloud

「Google」を選択します。

Google

メールにGoogleアカウント、パスワードに生成したアプリパスワードを入力します。

g-mail 二段階認証

これでGoogleアカウントでのメールを利用することが可能になります。

G-Mail専用アプリに場合はアプリパスワードの生成は不要

スポンサードリンク

なお、Googleが提供しているiOS専用アプリ「Gmail」なら二段階認証に対応しているのでGoogleアカウント側でのアプリパスワードの生成は必要ありません。

通常通りGoogleアカウントとパスワードを入力して、本人確認のためのコードを「Google 認証システム アプリ」やその他の指定したコードの受け取り方で受信しそのパスワードを入力すればOKです。

2段階認証プロセス

OS X Yosemiteでは開発者に提供をしている10.10.3 beta版でGoogleアカウントの2段階認証の一括設定が可能になっているようなので、iOS8も今後のアップデートで正式に対応する可能性は高そうです。

関連 OSX Yosemite 10.10.3でGoogleアカウントの2段階認証を一括設定可能に

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。