カロッツェリアがAppleのCarPlay対応ナビを開発か

スポンサードリンク

カロッツェリアがCarPlay対応ナビを開発?

カーオーディオとナビゲーションの開発販売をしているパイオニア(カロッツェリア)がAppleのiOSナビゲーション連携システムであるCarPlayの互換性を持たせたナビゲーションの製品開発を検討していることがわかりました。

CarPlay パイオニア

CarPlayはiOS 7.1で正式にサポートが発表され、メルセデスベンツ、フェラーリ、ボルボなどの新車でCarPlayの対応をすることが発表されています。メルセデスベンツは発売中の車に対しても後付けナビでCarPlayでの対応できることを発表しています。

大画面ナビで出遅れたカロッツェリア

カロッツェリアはサイバーナビでAR HUDというフロントウィンドウの目の前にナビゲーションを表示させるという他社とは少し違う戦略をとっていましたが、アルパインのBIG-Xや富士通テンのの8インチ・9インチの車種専用ナビゲーションが人気となりAR HUDの人気が出ることはありませんでした。(少なくとも私は装着している車を見たことがありません..)

2014 03 13 10 35 14

今のところ、大画面ナビゲーションを1機種も発売できていないカロッツェリアはCarPlayをいち早く対応させることでここ最近の出遅れた感(個人的な意見です)のあるナビゲーション市場で再起をかけようとしているのかもしれません。

メーカー純正ナビゲーションは富士通テンやアイシン、パナソニック、カロッツェリアが開発しているのですが、トヨタやホンダ、日産などのメーカーもCarPlayの対応を発表しています。自動車メーカーがCarPlayに対応すると発表した以上、トヨタやホンダなどにナビを収めているほとんどのメーカーがCarPlayに対応したナビゲーションシステムの開発に乗り出すでしょうし、後付けナビで登場することも考えられるのではないでしょうか。

[MacRumors]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。