iMessageとFaceTimeでApp用パスワードを生成し2段階認証を有効にする方法

スポンサードリンク

iMessageとFaceTimeで2段階認証機能が追加

AppleがiMessageとFaceTimeにおいて2段階認証機能を追加しました!

これはiCloudアカウントで2段階認証機能をオンにしている時に求められるものとなっていますが、すでにiMessageとFaceTimeがログイン状態である場合は2段階認証は求められず、一度ログアウトして再びログインをするときに2段階認証を求められます。

実際に2段階認証をやってみました。Macで試しましたがiPhoneやiPadでもおそらく同じ流れになるかと思います。

iMessageとFaceTimeの2段階認証機能を利用する方法

iMessage・FaceTimeにログイン

すでにiMessage・FaceTimeはログイン状態だったので一度ログアウトします。再びログインをするためにApple IDとパスワードを入力すると「App用のパスワードが必要です」とApple IDと違うパスワードの生成を求められます。

iMessage・FaceTime App用パスワード

Apple IDのサイトに

My Apple IDのサイトに移行するのでサインインします。

My Apple ID

確認コードで本人確認

本人確認のために確認コードを手持ちのiOSデバイスに送信します。

本人確認 My Apple ID

選択したiOSデバイスに4桁のパスコードが受信します。

iPhoneにパスコードが受信

Mac側に戻り受信した4桁のパスコードを入力します。

4桁のパスコードを入力

App用パスワードの生成

App名を入力します。最初から「iMassegeとFaceTime」と記述されていますのでそのまま作成をクリックすればOKです。

App用パスワードの名称

すると、16桁のパスワードが発行されます。これが「App用のパスワード」になります。

16桁のApp用パスワードが作成

このパスワードをコピーしてiMassege・FaceTimeのログイン画面のパスワード欄に入力します。

 Apple ID iMassegeとFaceTime

これでログインが可能になります。App用のパスワードを生成しないといけないので2段階というか3段階認証みたいな感じもしますが、これでさらにセキュリティが高くなることは間違いなさそうです。

スポンサードリンク

それにしてもログイン関連の手続きってどんどん複雑になっていきますね。まあ、これだけしないとアカウントが奪われるという事件を防ぐことができない時代になってきているのかもしれません。

MacRumous

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。