iPhone 6の電源/スリープボタンが移動して違和感…カメラ撮影時にも影響が!

スポンサードリンク

iPhone 6の電源/スリープボタンが使い難くなった

iPhone 6を手にしてしばらく使ってみて思ったのですが、電源/スリープボタンって使い難くなったように感じるのは僕だけでしょうか?

iPhone 5sまでは電源/スリープボタンは上部にありましたが、iPhone 6は右の横の部分に移設されました。これは画面が大きくなったことにより上部に電源/スリープボタンがあると指が届かないという理由からサイドに移動したと言われています。

iPhone 6 電源/スリープボタン

確かに電源/スリープボタンがサイドにある方が指は届きやすいので操作がしやすいことは間違いありません。

しかし、長年のiPhoneを使ってきた慣れなのでしょうか。スリープさせるために無意識に何度もiPhone 6の上部に電源/スリープボタンを探しに行ってしまうのです。僕はiPhone 3GSから使っているのでざっと5年近くもiPhoneを使っているので手の感覚に「上部に電源/スリープボタン」が染みこんでいるのです。

iPhone 5s 電源ボタン

この慣れを直すのはスポーツの世界でも難しいように、iPhoneの電源/スリープボタンの操作もiPhone 6用に修正するのはかなりの時間が掛かるかもしれません。

個人的には、4.7インチのiPhone 6でも上部に電源ボタンがあったとしてもなんとか指が届くレベルです。だから、今までのままで良かったんじゃないかなとも思いますが、Appleはこのように判断したのだから仕方ありません。ユーザー側がなんとか慣れて適応していくしかありません。

iPhone 6 電源ボタン

写真を撮影するときに…

しかし、電源/スリープボタンをサイドに移動したことで決定的に使い難くい場面が他にもあることに気づいてしまいました!これは結構問題だと思います!!その場面とはカメラのシャッターを音量ボタンから切るときです。

iPhoneを横に構えて写真を撮影する場面はよくあることだと思います。こんなスタイルで写真を撮りますよね。

iPhone 6 カメラ撮影スタイル

横にしてカメラを構えると人差し指に音量ボタン、親指のところにちょうど電源/スリープボタンが当たってしまうのです。

そして、シャッターを切るときに力の配分を間違えると間違ってロックが掛かって画面が真っ暗に…!!そして、親指の方が力が入るのでシャッターを切れずに画面が暗くなる割合が多いという…!

iPhone 6

これは、僕だけではないはず!おそらく!!そうであって欲しい…!

対策としては、親指を位置をもう少し外側において電源/スリープボタンに触れないようにすることです。こんな感じで。

IMG 1738

これも慣れが必要となりそうです。

今までにないiPhoneの新しい画面サイズということで若干の戸惑いを感じつつも、画面が大きいことで恩恵を受ける部分もあるので上手に付き合っていきたいものですね。

追記:iPhone 6、iPhone 6sと使ってきましたが、このスタイルで写真を撮影すると未だにスリープボタンを押してしまって画面が真っ暗になっています。慣れません…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • ホームボタンが右側に来る様に構えれば良いと思います。
    それでなければ、左手に持って画面のシャッターを押すのも良いかと…そもそも右手で持つのにiPhoneの上部を右に持って来ると、カメラのレンズに指が映り込みやすくなりますしね。

    • なるほど。そーいう持ち方をすれば確かに電源ボタンを押さずに済みますね!
      今までにない大きさのiPhoneなのでかなり戸惑っています。結局のところ家では小さくて使いやすいiPhone 5sを使っているという…

  • 私も頻繁に上下で押してしまいますwww
    私は6Pなのですが、ちょうど対面になるぐらいの
    良い位置に両方あるんですよね~。
    写真を撮る時は特にです。
    もう少し電源ボタンが下にあれば良かったのでは?
    と思いました。せめてあと1センチ下に。
    慣れるしかないでしょうが、しらばくイライラしそう
    です。

    • 押してしまいますよね!何度、シャッターチャンスを逃したことか…w
      これは慣れではなく持ち方を少し変えた方がいいかもしれませんね^^;

  • 上についてた時は誤作動なかったのですが、側面は指が触れる機会が多いです…不便。
    話題とは違うのですが、この海の待受画面、綺麗なのでどこにあるか教えていただきたいです(^^;;

  • 写真もそうですが、私の場合は音量調整の時ですね。 私自身が左利きなのも要因の一つだと思いますが、左手に本体を持って音量調整する時どうしても人差し指で押してしまって、アプリの無料通話なんかも途中で切れちゃうし、動画見てる時もロックかかっちゃうし。。
    前のに慣れてるのもあるし、電源の入切とかロックする時くらいは片手で持って届かなくてもなんの問題もないと思います。
    誤操作しちゃう方がよっぽどイライラしますよね。
    是非次変わる時は前の場所に戻してもらいたいです。
    あと、関係ないですが本体がすべすべすぎて扱いにくいのも気になってます。
    ケースを買えってことでしょうが、なんのために薄くなってるのかって感じです。
    iPhoneにするとデータの取り扱いとかもあってなかなか簡単に他のに乗り換えする人いないと思います。付属品を高く売りたいのもわかるけど、ずーっと愛用してる者からすると気が利かないなって感じです。
    話逸れてすみません^^;

  • 7が出ましたがスリープボタンは改悪位置を継承したままでガッカリしました。6plusを2年使ってますが音量ボタンの押し間違いは相変わらずあり凄くストレスです。

  • 初代2GのiPhoneからずっと使っていますが、おっしゃっている事に同感です。自分の場合、カメラもたまにありますが、それよりも液晶をスリープさせる時にスリープボタンを押すとかなりの確立で反対側にあるボリュームボタンを押してしまい、画面を消したつもりが音量が変わるという状態になります。この場合、目的のスリープにもならない上に変更したくない音量まで変わってしまう結果になりかなりストレスです。また、画面のスクリーンショットを撮る際もスリープボタンの位置が変わったために失敗する事が多くなりました。そもそも、スリープボタンを押すシーンなんてiPhoneをカバンやポケットから取り出す時もしくは逆の時、机の上に置いてあったものを取るときだと思うんですが、いずれもiPhoneの下側を持って親指がホームボタンに近い位置で持っているシーンではないんですよね。。だから、スリープボタンが上側だと指が届かないという理由は全く共感を感じません。なぜこの位置に変更され落ち着いたのか、もしジョブズが生きていたならまた違う選択になったかと思っています。いろんな意味で、今のAppleはユーザーのためではなく利益と株価と上層部の利権の為に動いていると感じずにはいられません。以前はそういうものよりももっと使う側に驚きと喜びを与えるもの作りだったと思うのは僕だけでしょうか。過去のAppleの良さを食いつぶしながら大きくなっている単なる企業になってしまったように感じとても残念です。

  • 追伸です。
    こういう話題って、違う人からすれば、
    こうこう、こういう工夫をして使えばいいじゃん!
    とか、このアプリを入れればいいんじゃない?
    とか言われたりする事もありますが、

    そもそも、工夫したり意識して気をつけながら
    使わなくちゃいけない時点で、ダメだと思うんです。

    以前は考えなくても自然に指が動いて自然に
    使いこなせるiPhoneだったからなおさらです。。

    ついでにiOSも新機能の追加をすれば話題になると
    思っているレベルのものが多くて、それを直感的に
    操作できるOSに作ることはあまり考えなくなったようで
    操作が複雑になって分かりづらくなる一方と感じるのは
    僕だけでしょうか。

    このまま進むとiPhomeにこだわらなくてもいいと
    思う時が来てしまいそうです。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。