iOS9とOS X 10.11はセキュリティ強化や旧機種の最適化や安定性が焦点に

スポンサードリンク

iOS9とOS X 10.11は安定性に焦点

Appleはここ数年間ではじめてiOS9とOS X 10.11に新機能の追加は一部だけに制限することで品質に焦点を合わせて開発を進め、現在の1年に1回のOSのアップグレードサイクルを見直すことを計画しているとAppleのOS開発に精通しているソースの情報により伝えられています。

iOS9とOS X 10.11

iOS9はMonarchというコードネームでOSの最適化に焦点を充てて開発が進められてることが2月の段階で明らかになっていますが、OS X 10.11はGalaというコードネームiOS9と同様に最適化に重きをおいて開発が進められているそうです。

Appleは二つのOSの安定性とパフォーマンスのためのOSのシステムの最適化、新しいセキュリティ機能、さらに開発者向けのSwift 2.0のプログラミングツールなどの開発も行われている模様。

最低限の新機能

安定性に焦点を充てるとはいえ、新機能が全くないわけではありません。

例えば、iOS9に関してはHomeKit関連の新しいアプリ、iPadのマルチタスク画面表示機能などが含まれており、システムフォントが「San Francisco」が採用されるなどがあります。また、OS X 10.11はOS X Yosemiteのベータ版で実装されていたコントローラセンターが搭載される予定になっているとのことです。

San Francisco iOS9

セキュリティの強化

Appleは安定性を実現するためにセキュリティ機能の強化を図るようです。

マルウェア対策の「Rootless」

iOS9とOS X 10.11に「Rootless」と呼ばれるマルウェアを防ぐための新しいセキュリティ機能を搭載します。これは機密データのセキュリティ、安全性を高めつつ拡張機能を維持するもので特定のユーザーがバイス上の保護されたファイルにアクセスすることをできなくとのこと。

OS Xにおいては機能を無効化することも可能のようですが、iOSについては脱獄が困難になるそうです。

iCloud Driveのセキュリティ

現在のメモ、カレンダーなどのアプリはIMAP利用していますがiCloud Driveを利用したシステムに移行しセキュリティ強化を図る計画もしているます。

Trusted Wi-Fi

「Trusted Wi-Fi」と呼ばれる新しいWi-Fiの機能が搭載されます。

具体的にどのようなシステムなのかよく分かりませんが、信頼できるワイヤレスネットワークにはセキュリティ対策が軽い状態でアクセスでき、信頼できないワイヤレスネットワークに対しては暗号化された接続が必要になるようです。

スポンサードリンク

旧モデルへの最適化

iOS8はA5プロセッサを搭載したiPhone 4sやiPad 2などの旧モデルで利用すると動作が非常に重いです。

しかし、iOS9はこのような古いiOSデバイスにおいても最適化が実施されているそうで、iPhone 4sやiPad miniでの利用も可能になるようです。iPad miniが利用可能というこてゃiPad 2もまだまだ現役で利用できるということになります。

A5チップを搭載した、iPad miniとiPod touch 5は未だに販売が継続されているモデルでもあるのでiOS9に対応させるのは当然のことでありiOS8での動作が遅いことからアップグレードを控えているユーザーもいます。なので、iOS9への最適化は必要不可欠と言えるかもしれませんね。

Swift 2.0でアプリサイズが小さく

こちらは開発者に関係することになりますが、プログラミング言語のSwiftがバージョン2.0となります。

Swift 2.0はコードライブラリがiOS9とOS X 10.11のシステムの中にインストールされ、アプリの容量を小さくすることが可能となり携帯電話の回線からダウンロードするときも少ないデータ通信で可能になるようです。

Swift 2.0の発表はWWDC2015で行われるようですが、実際に利用可能になるのは2016年のiOS10とOS X 10.12になるようです。

動作が軽くなることに期待

iOS8はマイナーアップデートでも新機能が次から次へと搭載されているので、iOS9になったからといって大規模な新機能は特に必要ないのかもしれません。必要な時に追加している形になっていけばいいと思います。

iPhone、iPad、Macの連携機能はiOS8とOS X 10.10でほぼ完成したようにも見えます。しかし、動作面において非常に遅くストレスが溜まることもあるので、iOS9とOS X 10.11で動作スピードが大きく改善されればかなり良いOSに仕上がるのではないでしょうか。

マイクロソフトはWindows 10の開発でかなり気合いを入れており、動作も非常に軽快です。

少なくとも、MacBookにBoot CampでインストールしたWindows 10よりは快適に動作しないといけないと思います。期待したいですね!

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。