iPhone 6/6 Plusと旧モデルのスペックや機能、価格を比較!さあ、どれ買う?

スポンサードリンク

iPhoneは4ラインナップに!

Appleが発表した「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」がiPhoneファミリーに加わり、iPhone 5sとiPhone 5cの残留が決定しました。

iPhone 4sユーザーにとっては4つのモデルを選ぶ権利があることになり一体どれを選んだらいいのかわからない!っていう方もいると思います。そこで、この4種類の違いをスペック面で見ていきたいと思います。

iPhoneファミリー

CPUプロセッサー

5c:A6(32bit)
5s:A7(64bit)+M7モーションコプロセッサ
6 :A8(64bit)+M8モーションコプロセッサ
6P:A8(64bit)+M8モーションコプロセッサ

A6チップとA7チップの性能差は CPU と GPU が2倍高速化しました。A7チップとA8チップの性能差は CPU が25%、GPUが 50% ということを考えると、A6チップとA7チップの差はかなり大きいものとなります。

ディスプレイ

5s/5c:4インチ、1,136✕640ピクセル 326ppi、800:1コントラスト比
6 :4.7インチ、1,334✕750ピクセル 326ppi、1,400:1コントラスト比
6P:5.5インチ、1,920✕1,080ピクセル 401ppi、1,300:1コントラスト比

解像度はあまり気にしなくてもいいでしょう。片手で使いたいならiPhone 5s/5cのどちらかで画面が大きい方がいいというなら5.5インチ、バランスを考えるなら4.7インチのiPhone 6なのかなと思います。

iSight(背面)カメラ

5c:800万画素、F2.4のレンズ、LEDフラッシュ
5s:800万画素、F2.2のレンズ、デュアルLEDフラッシュ、バーストモード
6 :800万画素(新センサー)、F2.2のレンズ、デュアルLEDフラッシュ、バーストモード、Focus Pixelsオートフォーカス
6P:800万画素(新センサー)、F2.2のレンズ、デュアルLEDフラッシュ、バーストモード、Focus Pixelsオートフォーカス、光学式の手ぶれ補正機能

いずれも800万画素のイメージセンサーを採用していますが、iPhone 6では新型のイメージセンサーを採用して綺麗な写真が撮影できます。さらにパワフルなA8チップの性能を生かしてiPhone 5sの2倍高速なオートフォーカス機能「Focus Pixels」が搭載されています。写真にこだわるならiPhone 6を選びたいところです。

iPhone ファミリー

動画撮影

5c:1080p HDビデオ撮影 30fps、ビデオの手ぶれ補正
5s:1080p HDビデオ撮影 30fps、スローモーション(120fps)、ビデオの手ぶれ補正
6 /6P:1080p HDビデオ撮影 30/60fps、スローモーション(120/240fps)、連続オートフォーカスビデオ、映画レベルのビデオ手ぶれ補正

iPhone 6とiPhone 6 Plusはスローモーション動画がさらに拡大されたり、映画レベルのビデオ手ぶれ補正というA8チップの性能をフルに使った機能が追加されています。とにかく、綺麗な動画を撮影したいならiPhone 6を選んだ方がいいでしょう。

FaceTime(前面)カメラ

5c:120万画素、F2.4のレンズ
5s:120万画素、F2.2のレンズ、写真の自動HDR
6 :120万画素、F2.2のレンズ、写真とビデオの自動HDR、バーストモード
6P:120万画素、F2.2のレンズ、写真とビデオの自動HDR、バーストモード

FaceTime(前面)カメラのレンズの明るいものに進化しておりバーストモードに対応しています。

センサー

5c:3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
5s:3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、指紋認証センサー
6 /6P:3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、指紋認証センサー、気圧センサー

指紋認証センサーTouch IDで安全にモバイル決済などをすることが可能になります。気圧センサーでどのようなことが出来るのかイマイチよくわかりませんので絶対に必要なセンサーではないかもしれませんね。

バッテリーの持ち(インターネット利用)

5c:3Gで最大8時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大10時間
5s:3Gで最大8時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大10時間
6 :3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
6P:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大12時間

本体サイズが大きい分だけ、バッテリーの持ちが良くなっているようです。

ストレージ容量

5c:8GB
5s:16GB、32GB
6 :16GB、64GB、128GB
6P:16GB、64GB、128GB

写真や動画、音楽をたくさん取り扱いたい方はiPhone 5cの8GBでは厳しい面があるでしょう。一番売れ筋であろう32GBモデルがiPhone 6ではなくなってしまったのでちょっと悩みは増えそうですね。

5c:124.4×59.2×8.97mm 132g
5s:123.8×58.6×7.6mm 112g
6 :138.1×67.0×6.9mm 129g
6P:158.1×77.8×7.1mm 172g

とにかく小さくて軽いのを選びたい場合はiPhone 5s一択になります。iPhone 6は厚みは薄いとはいえ重さは129gと重めです。

SIMフリー版価格

5c:ー
5s:57,800円(16GB)、62,800円(32GB)
6 :67,800円(16GB)、79,800円(64GB)、89,800円(128GB)
6P:79,800円(16GB)、89,800円(64GB)、99,800円(128GB)

2年契約(アメリカ)

5c:0円(8GB)
5s:99ドル(16GB)、149ドル(32GB)
6 :199ドル(16GB)、299ドル(64GB)、399ドル(128GB)
6P:299ドル(16GB)、399ドル(64GB)、499ドル(128GB)

やはり価格を見てしまうとiPhone 5sが丁度良い価格といえそうです。iPhone 4sからの乗り換えならiPhone 5sでも十分に使える機種だと思いますがいかがでしょうか。

ちなみに、僕は現在iPhone 5sを利用しているので4.7インチのiPhone 6を購入する予定です!そしてソフトバンクのスマ変を試してみようかなと考え中でございます!!追記:iPhone 6をソフトバンクオンラインショップから予約しました!数分で手続きが終わるのでとても簡単でした。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。