完全刷新した新型Mac Proが2018年以降に発売へ!Appleの純正デイスプレイも開発再開!

スポンサードリンク

設計を見直した新世代のMac Proを開発中

Appleが2017年4月5日に長らくアップデートしていなかったMac ProのCPUやGPUを更新しマイナーアップデートを実施しましたが、Appleは完全刷新したモジュラー設計のMac ProとAppleブランドの外部ディスプレイの開発に取り組んでいることが明らかになりました!

Mac ProとApple Thunderbolt display

ゴミ箱型Mac Proの問題点

Appleは2013年にリリースしたいわゆるゴミ箱型のMac Proは非常に完成されたデバイスであるしながらも拡張性に乏しくThunderbolt 2で拡張をしていく対処する目論見はうまく行かなかったようです。

Mac Proは二つのGPUを搭載しプロレベルの大量の処理をすることができる設計となっていますが、現在のトレンドは一つの高性能なGPUを搭載するのが主流になっていることから、現在のMac Proに組み込む難しさがあるとのこと。またゴミ箱型のデザインによってスペースの制限も問題になっているようです。

スポンサードリンク

一つのデバイスとして見たときに非常に完成度の高いMac Proですが、プロユースで使用するためのニーズ、拡張性には合わなかったということになるでしょうか。

これらの問題を解決するためにAppleはモジュール設計の完全に新しいコンセプトのMac Proの開発に取り組んでいるとのことです。また、Appleの純正ディスプレイの開発も再開しているということで、もう一度原点に立ち返りプロユースに適したMac Proを再構築しようとしているのかもしれませんね。

新設計のMac Proは2018年以降の登場になるでしょうか。

4月5日にマイナーアップデート

Appleは2017年4月5日に現行のMac ProのCPUとGPUを強化したモデルをリリースしました。

一番低価格のクアッドコアモデルが6コアに、6コアモデルが8コアにスペックアップし、グラフィックボードがデュアルAMD FirePro D500からデュアルAMD FirePro D700にスペックアップを果たしています。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。