WiMAX 2+の速度制限が大幅緩和!3日間10GBで制限中も日中は速度制限撤廃へ!

スポンサードリンク

WiMAX 2+の速度制限が大幅緩和へ

UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+の速度制限について2017年2月2日より大幅に緩和することを発表しました。今回の緩和は固定回線の代わりとして利用できるレベルと言えるかもしれません!

MacBookProRetina-Wimax

現行のWimMAX 2+は3日間に3GBの通信をすると翌日13時から翌々日13時まで速度制限が掛けられていましたが、緩和後は3日間に10GBの通信をすると翌日の18時から翌々日の2時まで速度制限が掛かる仕組みに変更されます。

現行 2017年2月2日から
利用データ量 3日間3GB 3日間10GB
制限時間 翌日13時〜翌々日13時
(24時間)
翌日18時〜翌々日2時
(8時間)
通信速度 You Tube動画の標準画質が観れる速度 概ね1Mbps(You Tube動画の標準画質が観れる速度)

3日間で10GBということは1日3GBのデータ通信をしたとしても、速度制限を受けることがないということになります。目安としてHD(720p)画質のYou Tube動画を1時間閲覧すると約1GB前後のデータを消費するといわれています。

ということは3時間ほど動画を見ていても速度制限を受けることがないということになりますね。それに日中の速度制限がないのであれば本当に気にしなくてもいいのではないかと思います。もし、速度制限を受けたとして1Mbps程度の通信速度が出るので、サイト閲覧くらいならすることができそうですね。

これはいいですね!



規制の緩和をした理由

ユーザー毎で通信量の差が大きいことが問題で一部のユーザーの通信量がデータ全体の3分の1を占めている現状があり、夜間でピークになることが多いそうです。

そのため、ピーク時に合わせて設備増強をすることになると現在の月額料金を見直す必要が出てしまうため、夜間だけの速度規制に制限をして、通常のユーザーに対して利便性を向上させるための緩和のようです。

今回の緩和によりWiMAX 2+は月額4,380円で100GB/月のデータ通信をすることができるようになり、大手3社の大容量プランと比較しても安くなっています。

僕の環境の場合ですが、光回線が時間帯によっては1Mbpsも速度が出ないときがあるので、WiMAX 2+の方がいいんじゃないかと思ってしまいますね。ただ、一つ問題があるとすれば、iPhoneやiPad、Macなどのソフトウェアアップデートの時に少し気を使わないといけないことでしょうか。

少し前にWiMAX 2+を解約してしまいましたが、こうなるんだったら持っていてもよかったかも…!

UQコミュニケーションズ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。