格安SIM「LINEモバイル」特徴や料金プラン、申し込みもしてみたよ!

スポンサードリンク

LINE MOBILEの特徴と料金プラン

ついにLINEが格安SIM「LINEモバイル」をスタートしますね。LINEやTwitter、FacebookのSNSに必要なデータをカウントしないというのが大きな特徴となるLINEモバイルですが、特徴と料金をまとめました。また、実際に契約もしてみたので申し込み方法なども紹介します!

LINE MOBILE

SNSのデータを消費しないカウントフリー

LINEモバイルはLINEの通話とトークでデータ量が消費しない「LINEフリープラン」とLINE、Twitter、Facebookでデータ量が消費しない「コニュニケーションフリープラン」の二つの料金プランで構成されています。

LINEではデータ容量を消費しないことを「カウントフリー」と呼んでいます。カウントフリーの対象となるサービスは以下のとおりです。

LINE

  • テキスト及び音声メッセージの送受信
  • スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信
  • 無料通話、ビデオ通話
  • 画面閲覧、投稿(画像、動画含みます。)
  • スタンプ、着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定に関わるご利用
  • 友だち一覧画面の表示、友だち追加
  • 「その他」画面の表示

Facebook

  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィール編集

Twitter

  • タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
  • 「ホーム/ニュース/通知」の画面表示
  • メッセージ機能のご利用
  • プロフィール編集

ライブストリーミング動画などはカウントフリー対象外となっているので注意です。

LINEの新規アカウントはSMS不要

また、LINEのアカウントを作成するときに今まではSMS(電話番号だけで送受信ができるショートメール)が必須でしたが、LINE MOBILEならSMSがないプランでも新規アカウントを取得することが可能となります。

つまりLINEのアカウントを取得するためにSMS付きのSIMカードを契約する必要がありません。

LINEとの連携機能

LINEモバイルのLINEの公式アカウントを友達追加することで契約者情報を連携することができ、そこからログインすることなくデータ利用の状況の確認やデータ容量を友達にプレゼントしたりすることができるようになります。

LINE MOBILEの料金プラン

LINEフリー

LINEフリーは1GBのデータ通信しか選択することができませんがLINEの通話やトークに掛かるデータ通信量を消費しないので、LINEメインで利用する方にとってオススメのプランです。もちろん、通常の音声通話をオプションで追加することができます。

プラン 月額料金 特徴
LINEフリー(1GB) 500円 LINEの通話・トークが使い放題
LINEフリー(1GB+SMS) 620円 LINEの通話・トークが使い放題、SMS付き
LINEフリー(1GB+SMS+音声通話) 1,200円 LINEの通話・トークが使い放題、SMS付き音声通話

コミュニケーションフリー

コミュニケーションフリーはLINE、Twitter、Facebookでデータ量が消費せずに利用することができるプランで3GB、5GB、7GB、10GBのデータ容量から選ぶことができ、音声通話もオプションに追加することができます。

プラン 月額料金 特徴
コミュニケーション
フリー
(3GB+SMS)
1,110円 LINEの通話・トークが使い放題、Twitter、Facebook使い放題、SMS付き
コミュニケーション
フリー
(5GB+SMS)
1,640円
コミュニケーション
フリー
(7GB+SMS)
2,300円
コミュニケーション
フリー
(10GB+SMS)
2,640円
コミュニケーション
フリー
(3GB+SMS+音声通話)
1,690円 LINEの通話・トークが使い放題、Twitter、Facebook使い放題、SMS付き音声通話
コミュニケーション
フリー
(5GB+SMS+音声通話)
2,220円
コミュニケーション
フリー
(7GB+SMS+音声通話)
2,880円
コミュニケーション
フリー
(10GB+SMS+音声通話)
3,220円

SNSのデータ通信がカウントフリーということで月額料金が大きく上乗せされているわけでもないようで、例えばFREETELのSMS付きのデータSIM(3GB)は1,040円、楽天モバイルのSMS付きのデータSIM(3.1GB)は1,020円なのでほぼ同価格帯と言えるのではないでしょうか。(FREETELのSIMもLINEのデータ通信は消費しません。)

スポンサードリンク

LINEモバイルの申し込み方法

LINEモバイルを申し込みするにはこちらのページから必要情報を入力して行うことができます。

「端末+SIMカード」か「SIMカードのみ」から購入することができます。MNP転入する場合は次ページ以降で入力する欄があるそうです。

LINEモバイル申し込み

料金プランを選択します。ここでデータ容量、SMS、音声通話のオプションも設定してしまいます。

LINEモバイル 料金プラン選択

SIMカードのサイズを選択します。iPhoneであれば「ナノSIM」でOKです。

LINEモバイル SIMカードの種類

登録事務手数料に3,000円掛かります。

LINEモバイル 料金

個人情報を入力、規約などに同意しメールアドレスの確認に進みます。

LINEモバイル 情報入力

登録したメールにメールが届くので記載されているURLをクリックします。

LINEモバイル メールアドレス確認

本人確認書類の送信をします。

LINEモバイル 本人確認書類
運転免許証、運転経歴証明書、日本国パスポート、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード、健康保険証+補助書類、後期高齢者医療被保険者証+補助書類、届出避難場所証明書、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳、特定疾患医療受給証+補助書類、特定疾患医療登録者証+補助書類から手続きをすることができるので、写真をアップロードしましょう。

支払い方法選択します。クレジットカードかLINE Payから支払いをすることができます。

LINEモバイル 支払い方法

ログインIDとパスワードを設定します。

LINEモバイル ログインIDとパスワード

申し込み内容を確認して「申し込む」を選択することで申し込み完了です。

LINEモバイル 申し込み完了

申し込みないようが登録したメールに受信しますので、SIMが到着するのを待ちましょう!個人的にはLINEモバイルの通信速度がどれくらい出ているのかが非常に気になるところです。

最初はそれなりの通信速度が出そうな気がしますが、本サービスが10月1日からとなるので、ユーザー数が増える10月以降にどうなるかでLINEモバイルを使うことができるか判断することになりそうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。