Freetel Priori3S LTEの実機レビュー!動作速度が改善し使いやすくなった!

スポンサードリンク

Freetel Priori3S LTEの実機レビュー

2016年2月12日より販売が開始されたFreetelの格安スマートフォン「Priori3S LTE」を購入したので実機レビューをし紹介したいと思います。

Freetel Priori3S LTE

「Priori3S LTE」は昨年発売された「Priori3 LTE」のスペックアップバージョンで画面の大きさが4.5インチから5インチに大きくなったほかにプロセッサやRAMの容量が強化されたことによって、「Priori3 LTE」と比較しても初感で「Priori3S LTE」はかなり快適に使うことができると感じました。(Priori3 LTEも所持しています)

「Priori3S LTE」と「Priori3 LTE」のスペック比較

Freetel Priori3S LTEのスペックは以下のとおりです。

機種名 Priori3S LTE Priori3 LTE
ディスプレイ 5.0インチ
1280×720
4.5インチ
854×480
CPU MT6735P Quad Core1.0GHz MT6735M Quad Core1.0GHz
RAM 2GB 1GB
ROM 16GB 8GB
リアカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリー容量 4,000mAh 2,100mAh
SIMスロット nano / micro 標準 / micro
wi-fi 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
サイズ 144×72×9.4mm 132×65×8.9mm
重量 161g 120g
価格 17,800円 12,800円

大きな違いはディスプレイサイズが4.5インチから5インチに、RAMの容量が1GBから2GBに、ROMも8GBから16GBに、バッテリー容量が2,100mAhから4,000mAhに大容量化したところでしょうか。バッテリーが大容量化したことで連続通話時間が650分から840分に大きく向上しています。

CPUの性能比較

Geekbench 3 でCPUの性能を比較した結果からプロセッサの性能はほとんど同じのようです。

機種名 Priori3S LTE Priori3 LTE
シングル 469 472
マルチ 1,333 1,306

とはいえ、RAMが2GBに拡大されたことで体感速度は大きく向上しています。普通に使う分においては十分な性能を持っていると感じます。Priori3 LTEは家族が利用しているのですが、もう少し待ってPriori3S LTEを購入してあげればよかったと少し後悔…。

外観レビュー

Freetelのパッケージのデザインはなかなかセンスの良さを感じます。

Priori3S LTEのパッケージ

2段構造になっており、下に本体と付属品、上に背面パネルが入っています。

freetel-Priori03s-04 freetel-Priori03s-02

背面パネルを開いた状態はこのようになっています。バッテリーは取り外しができないタイプに変更されています。

Priori3S LTE パネルを開いた

SIMスロット2はmaicoSIMとmicroSDカードが併設されています。容量を増やしたい方はここにmicroSDカードを入れましょ!

Priori3S LTE SIMスロット2

SIMスロット1はnanoSIMが挿入できるようになっています。

Priori3S LTE SIMスロット1

今回、NifmoのSIMカードを入れてみたのですが何も設定しなくても自動的にAPNを選択してくれて使用できるようになりました。ただし、OCNのAPNと勘違いして設定されていましたが…。偶然、初期設定のままで利用できただけだった可能性は高いですが。

スポンサードリンク

5インチサイズのディスプレイなので程よい大きさのサイズです持ちやすいです。大容量バッテリーを搭載していることもあり、本体の厚みはそこそこありますが、持ちにくいということはないと思います。

freetel-Priori03s 持つ

右サイドに電源ボタンと音量ボタンが設置されています。価格は安いですが安物くさい雰囲気がありません。

freetel-Priori03s-13 freetel-Priori03s-12

本体下部にUSBの端子があります。

freetel-Priori03s-15

下部右側にくぼみがあるのでここから裏蓋を開く構造となっています。凹みに爪を入れてスライドされることで簡単に開けることができます。

freetel-Priori03s-11

カメラとLEDフラッシュです。画質は標準的なものとなっており、室内での撮影も普通にできたので普段使いにおいては十分な性能があると思います。

freetel-Priori03s-14

物理的なホームボタンはなく画面下部にソフトウェアホームボタンが設置されています。

freetel-Priori03s-16

決して高い性能を持っているわけではありませんが、「Priori3 LTE」で感じていた体感速度の遅さが大きく改善された印象がある「Priori3S LTE」。さらに画面が大きくなったことから、年配の方でも操作がしやすいバランスのとれた端末に仕上がっているのではないでしょうか。

格安SIMデビューをするなら「Priori3S LTE」を選択するというのいいかもしれませんね。

追記:2016年5月に発売が開始された「FREETEL SAMURAI REI」の実機レビューを書きましたので参考にしてください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。