NTTドコモが「カケホーダイライトプラン」を1,700円で9月25日より提供開始へ!

スポンサードリンク

NTTドコモが「カケホーダイライトプラン」を9月25日より開始

NTTドコモが月額1,700円で5分以内の国内音声通話がを回数の制限なしで利用することができる「カケホーダイライトプラン」を9月25日より提供を開始することを発表しました。

NTTドコモ カケホーダイライトプラン

auとソフトバンクが先行してかけ放題のライトプランを発表していましたが、NTTドコモは全く同じプランを追従する形で発表をしました。

プラン名 月額利用料 条件
カケホーダイ
ライトプラン
1,700円
割引適応前 3,200円
5分以内の通話…無料(回数の制限なし)
5分を超過した通話…超過した通話時間につき、20円/30秒(ただし、「ファミリー割引」の家族間通話は無料)
カケホーダイプラン
(スマホ/タブ)
2,700円 無料(回数の制限なし)

ソフトバンクとauは2年契約時の割引適応前の価格は3,700円なのに対し、NTTドコモは3,200円となっているので2年契約を前提としていない場合は安く利用することができるようです。

データ定額2GBプランとの組み合わせ出来ず

auとソフトバンク同様にデータプランの組み合わせで2GBのデータ通信量となるデータSパックと組み合わすことはできません。

スポンサードリンク
プラン名 データ容量 月額料金 合計
データSパック 2GB 選択出来ず 選択出来ず
データMパック 5GB 5,000円 7,000円
データLパック 8GB 6,700円 8,700円
シェアパック15 15GB 12,500円 14,500円
シェアパック20 20GB 16,000円 18,000円
シェアパック30 30GB 22,500円 24,500円

「カケホーダイライトプラン」だけを契約は無理っぽい

また、「パケットパック」を契約が必須となるようで「カケホーダイライト」プランだけを契約して利用することは(たぶん)出来ないようです。

結局のところ安くするのが難しいドコモのプランですが、5GBのデータ通信を利用しているユーザーにとっては選択肢の幅が広がったことは喜ばしいことです。

僕が契約しているプランは5GBのデータMパックプランなので「カケホーダイライト」を適用されることができるので、通信量を節約することができそうで個人的には少し嬉しい報道です。

NTTドコモ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。