任天堂の新型ゲーム機NXはAndroid OSがベースになり2016年以降に発売か

スポンサードリンク
任天堂の新型機

任天堂の新ゲーム機はAndroidベース?

これが事実であるならかなり衝撃です。

任天堂が現在開発を明らかにしている新型ゲーム機となる「NX(コード名)」はAndroid OSがベースとなったゲーム機であると日本経済新聞が伝えています。

任天堂は2015年3月にDeNAと資本提携をすることを発表しスマートフォン向けのゲームの開発に力を注ぐことを明らかにしましたが、それに合わあせて新型ゲーム機の開発も行っていることを明らかにしていました。

今回の情報は新型ゲーム機に関するもので2014年に竣工した白亜の開発棟にてコードネーム「NX」とされるAndroid OSをベースとした新型ゲーム機の開発が進められていると伝えられたものです。

もし、任天堂がAndroid OSをベースとした新型ゲーム機を発売することになれば今まで全て自社で開発をしていたコアな部分を初めて他社に依存したOSが採用されるということになります。

なお、現時点では携帯型になるのか据え置き型になるかは明らかにはなっていません。

可能性はかなり高そう

今回の情報は日本経済新聞が報じていることもあり情報をとしての信頼性はかなり高いといえそうです。

スポンサードリンク

DeNAと資本提携をしていることを、スマホ向けのゲームを開発していることなどを明らかにしていること、広いユーザーに遊んで貰うことを考慮すると開発の汎用性のあるAndroid OSをベースとしたゲーム機を開発していたとしても不思議ではないのかもしれません。

携帯機か据え置き機なのかは不明としていますが、3DSが一定の成功を収めていることを考えると携帯ゲーム機なのかなーとは思いますがどうでしょうか。

いずれにしても、近い将来はスマートフォンでマリオが簡単に遊べる時がやってくるのかもしれませんね。

日本経済新聞

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。