AppleのチップパートナーARMがより速く省電力のCortex-A72を発表!

スポンサードリンク

ARMがCortex-A72を発表!

ARMがARMv8アーキテクチャを採用した最新コアプロセッサとなる「Cortex-A72」を発表しました!ARMv8ははAppleがiPhoneやiPadで独自で開発をしているA7チップやA8チップにも採用されているアーキテクチャとなっています。

ARM Cortex-A72の性能

性能はCortex-A15の3.5倍!

ARMv8本家から登場する「Cortex-A72」は2.5GHzのクロック数で動作しMali-T880のグラフィックスチップを搭載し120fpsの4K動画の再生を可能にしています。 16FinFETのプロセスルールで製造されエネルギー効率が75%改善され2014年のCortex-A15と比較して3.5倍の性能を誇っています。

Cortex a72 chip diagram lg

Cortex-A72は2016年までにスマートフォンに搭載される予定のようです。

AppleのiPhone 6/6 Plusに採用されいているA8チップは20nmプロセスで製造されていますが、次期iPhoneに搭載されるA9チップはTSMCが生産すれば16nmFinFET、Samsungが生産すれば14nmFinFETのプロセスで製造されることになりCortex-A72が登場する前にA9チップがその性能を超すことになりそうですね。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。