パイオニアがCarPlayとAndroid Autoに対応したカーナビを発表

スポンサードリンク

パイオニアが新カーナビを発表

パイオニアがAppleのCarPlayとGoogleのAndroid Autoに対応したカーナビ製品をCES 2015にて発表をしました。

いずれも北米向けの製品となりますが、先日Parrot社がCarPlayとAndroid Autoに対応したカーナビの発表に続く形となり、今後は二つのシステムに対応したカーナビが標準となるかもしれません。

パイオニア CarPlay

パイオニアが発表したモデルは「AVIC-8100NEX」、「AVIC-7100NEX」、「AVH-4100NEX」の3機種となっており7インチのWVGA(800×480ピクセル)のタッチパネルを搭載しています。

Parrot社が発表したモデルはHDディスプレイを搭載していたのでWVGAは残念ですね。

関連 CarPlayとAndroid autoに対応したカーナビ「RNB6」が発表!

上位モデルの8100NEXはiPhoneなどのスマートフォンでお馴染みの静電容量式のタッチパネルを搭載し快適な操作が実現しています。(その他の機種は感圧式タッチパネルを搭載)

同モデルにiPhoneを接続するとCarPlayが起動し、Androidスマホを接続するとAndroid Autoが起動し、スマートフォンをベースとしたナビゲーションシステムや音楽再生、電話、メールなどの機能が使えるようになります。

スポンサードリンク

米国、英国、オーストラリアで2015年3月にAVIC-8100NEXが1,400ドル、AVIC-7100NEXが1,200ドル、AVH-4100NEXが700ドルで販売が開始されます。

今のところ日本で発売されるかどうかは不明ですが、CarPlay対応ナビはすでに販売されていることから今後の流れとしてAndroid Autoとのデュアル対応モデルが近いうちに登場するのは,間違いないでしょう。

パイオニア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。