MSがOneDriveの容量無制限プランを終了し無料プラン15GBを5GBに改悪

スポンサードリンク

OneDriveの容量無制限プランが終了へ

Microsoftがクラウドストレージサービスの「OneDrive」のプラン内容を変更し、「Office 365 Home/Personal」と大学生ユーザー向け(University)に提供されていた「容量無制限プラン」を終了することを発表しています。

OneDrive

Office 365 Home/Personalを使っているユーザーにとっては寝耳に水状態なのではないでしょうか。これは一部のユーザーが75TBという容量をOneDriveで使用し、通常のユーザーの容量と比較し14,000倍に及んだことから、他のユーザーが快適に利用できるように改訂を決定したようです。

OneDriveのプラン改訂

今回の改悪はその他も色々とあります。

  • Office 365 Home/Personal/Universityで提供されているOneDriveの容量無制限は上限1TBに変更
  • 有料プランの100G・200GBプランが終了し月額1.99ドルの50GBプランのみに
  • 無料プランの容量が15GBから5GBに縮小
  • カメラロール用15Gバイトのボーナスストレージが終了

75TBというとてつもない容量を使用した一部のユーザーのせいで他のユーザーに迷惑が被る結果となりましたが、それなら「容量無制限は上限1TB」だけでよかったようにも感じます。しかし、Microsoftはついでに他の条件も改訂を実施したようです。

スポンサードリンク

今後12ヶ月間はデータを保証

今回のサービス改訂によって容量無制限プランと無料プランにて容量が超えてしまう場合は12ヶ月間は利用することは可能でそれ以降については保証されないということです。100GBと200GBプランについては受付は終了しますがサービスは続行されるようです。

無料の15GBプランを利用しているユーザーは多そうですが、5GBを超えている方はデータをなんとかして少なくするか有料プランに加入する必要がでてきそうです。

Office 365 Home/Personal/Universityのユーザーに対しては上限1TBのストレージは付いてくるので、これだけの容量がそう簡単に埋まることは稀だと思いますので、影響度はさほどないようにも感じます。

現在のプランから今後はこのようなプランに変更されることになります。

  • 15GB:無料 → 5GB:無料
  • 100GB:190円 → 50GB:190円(?)
  • 200GB:380円 → 廃止
  • 1TB:1,180円(Office 365ユーザーは無料)

追記:無料ユーザーに対して事前の申し込みで15GBのストレージ容量を引き続き利用可能になることが発表されました。

http://itstrike.biz/micrsoft/29587/

The OneDrive Blog

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。