iPhoneの電話アプリのソフト・ハードポーズ機能で指定番号を自動送信する方法!

スポンサードリンク

iPhoneで番号を自動で送信する便利技!

iPhoneには様々な隠れ便利技があるのですが、Appleの特徴としてはわざわざ教えてくれるなんてことはしません。そんな中、iPhoneの電話を使用するときにとても便利な機能「ソフトポーズ」と「ハードポーズ」をご紹介したいと思います。

iPhone 5s

「ソフトポーズ」と「ハードポーズ」について

この便利技は、留守番電話サービスや宅配業者の不在連絡票の再届けの電話を掛ける時などにとても力を発揮する機能で、僕も最近初めて知ったのですが、これらのサービスをよく使うという方は覚えておいた方がいいと思います。

例えば、宅配便の不在連絡票が入っていた時に自動応答の連絡をするときに「〜の方は1番を押して下さい」とコンピューターに指示されることがあります。通常はコンピューターの声を聞きながら番号を押すと思いますが、何度も自動応答システムを使っているととても面倒くささを感じていまいます。

ソフトポーズ機能とは、電話番号を入力したあとにあらかじめ指定しておいた番号を相手が応答してから2秒後に送信するというもので、、ハードポーズ機能とは、相手が応答してから好きなタイミングで指定しておいた番号を送信することができるという便利な機能なのです。

つまり、宅配業者の自動応答システムをよく使う方は送信する番号は決まっているでしょうから電話番号を入力後にソフトポーズ機能で番号をあらかじめ指定しておくことでほぼ自動で処理を終わらすことが可能になるのです。

ソフトポーズを使う方法

電話番号を入力した後に「*」を長押しすると「,」に切り替わりますので続けて任意の数字を入力して電話を掛けます。

ソフトポーズ iphone

相手が応答した2秒後に指定した数字が順番に送信されるというものになります。

ハードポーズを使う方法

電話番号を入力した後に「#」を長押しすると「;」に切り替わりますので続けて任意の数字を入力して電話を掛けます。

ハードポーズ iPhone

すると左下に「〜を入力」という表示がされるので、必要なタイミングでこれをタップすることで指定数字が送信されます。

ハードポーズ iPhone

これらに機能を使いこなすことで、毎回同じ作業を無機質なコンピューターの声を聞きながら操作をする必要はなくなります。さらに、処理するスピードも上がるので通信費の節約はもちろん、時間の節約にもつながるという一石二鳥となるので、これらの機能を使ってみる価値はあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。