子ども向けYouTube Kidsが登場!分かりやすいホーム画面に検索フィルターやタイマーなどで安心機能を搭載!

スポンサードリンク

GoogleがYouTube Kidsの提供を開始!

GoogleはYouTubeを子ども向けに最適したYouTube Kidsを日本国内で提供を開始しました。iOS/Android向けのアプリで利用することが可能となっており、iOS版のYou Tube KidsアプリはiOS8以降のiPhoneとiPadで利用することができるので、我が家の子どもマシーンでもあるiPad 2でも使用することができそうです。

YouTube kids

YouTube Kidsは小さな子どもでも感覚的に使うことができるようにUIデザインが見直されており、ホーム画面などで軽快なミュージックが流れたり、アイコンをタップすると可愛らしい効果音が鳴るなど、使っていて楽しい雰囲気を感じることができるアプリに仕上がっています。

分かりやすいUI画面

YouTube Kidsをインストールして起動するとGoogleアカウントの入力を求められますが、スキップしてログインしない状態でも使用することができます。ホーム画面が表示されるとすぐに子ども向けのコンテンツが表示されるので、安心感がかなり高いです。

軽快にサムネイルが動くので、大人の僕が使ってもクセになる使い勝手ですね。これはイイですね。ただ、ランドスケープモード(横画面)にしか対応していないのがちょっと残念。

YouTube KidsのUI画面

上部に表示されているアイコンはジャンル別に区別されており、おすすめ動画、音楽、発見、学び、アニメ・ドラマから選択することができます。もちろん、文字や音声入力で検索して動画を検索することができます。(検索機能をオフにすることも可能)

高度なフィルタリング機能で安心・安全

画面の見易さや可愛らしさだけではなく、YouTube Kidsでは自動的に動画をフィルタリングしているので子どもや保護者が安心して動画を楽しむことができるようになっています。

フィルタリングの設定は画面右下にある「鍵アイコン」から「設定」画面にアクセスし「ホーム画面の対象年齢」から「すべてのお子様向け」「未就学児向け」「学齢自動向け」の3つから大雑把に設定することが可能です。

YouTube Kids フィルタリング

子どもには相応しくないキーワードを検索しようとすると「ほかのことをさがしてみよう」と表示され検索できないようになります。

このフィルタリングはGoogleが判断した動画をブロックして表示しないようにしていますが、万が一不適切な動画が出てきてしまった場合はGoogleアカウントでログインをすることで動画をブロックすることができる機能も搭載されています。

スポンサードリンク

タイマー機能で使用時間を制限可能

YouTube KidsはGoogleアカウントでログインすることで、タイマー機能を使うことができます。

YouTube Kids タイマー機能

制限時間の設定をすることで30分経過したら動画を見ることができなくなります。

YouTube Kids 制限時間

親が「時間だから見るのをやめなさい!」と言っても、なかなか言うことを聞きませんが、こんなに可愛らしいキャラクターに「時間だよ、またね!」と言われたら、納得する子どもも多いかもしれませんね。

今の子どもたちはYouTubeはかなり身近なものになっているので、専用の子ども向けのアプリを使うことで、少しでもリスクを減らすことができるのは親としても嬉しいところ。

You Tube Kids
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。