Gmailでメールの送信取り消し機能を導入し最大30秒まで「ちょっと待った」可能に!

スポンサードリンク

Gmailで「メールの送信取り消し」機能を追加

GoogleがGmailにて「メールの送信取り消し」機能を正式に導入したことを明らかにしました!

Gmail

皆さんはメールを送信した時に「しまった!間違えた!」と失望してしまった経験はないでしょうか?そんなメールの送信ミスの答えてくれる「メールの送信取り消し(Undo Sent)」機能がGmailに搭載されました!

これは以前から実験的にLabs経由での利用が可能でしたが、こんな便利な機能がGmailの標準機能として使うことができるようになります。

Gmailの設定が必要

メールの送信取り消し(Undo Sent)機能を利用するにはGmailでの設定が必要となります。

「設定」のアイコンをクリックし「全般」の中に「送信取り消し」という項目があるので、チェックボックスをオンにして秒数を設定します。最大で30秒まで設定できます。

Gmail 送信取り消し機能

仕組みとしては非常に単純なもので送信ボタンを押しても設定した秒数が経過しないと本当に送信されないようになっており、例えば30秒に設定してあれば30秒以内に画面上部に表示される「取消」をクリックするだけで取り消すことができます。

メッセージ送信 取り消し

これは便利だ!

アプリ版は「Inbox」で対応

なお、アプリ版のGmailを利用することができるGoogleの新しいメールアプリ「Inbox」もメールの送信取り消し機能が使えるようになっているそうで、Gmailをメインで利用している方は設定をしてみてはいかがでしょうか。

Engadget
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。