OS XのMission Controlの設定をエクスポゼにしてウィンドウを並べる方法

スポンサードリンク

OS XのMission Controlが見難い?

OS X 10.6 Snow Leopard から OS X 10.7 Lion になった時にエクスポゼ(Exposé)がなくなってしまい、アプリケーションエクスポゼだけが存続するという形になったミッションコントロール(Mission Control)ですが、アプリケーションごとにまとめられるようになりウィンドウが重なりよく見えないことから批判を受けてきました。

Mission Control

そんな、ミッションコントロール機能ですが、OS X 10.8 Mountain Lion 以降のOS Xでは、エクスポゼ機能を復活させる事ができます。

OS X 10.7〜10.10でExposéを使う方法

Exposéを利用するには「設定」→「Mission Control」を起動し「ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化」のチェックを外すだけでOKです。

このように、アプリケーションごとに別れていたウィンドウが全てバラバラに表示させることができます。

Exposé復活

OS X 10.6 Snow Leopardの時のようにタイトルが表示されなくなったので、Mission Control版Exposéといったところでしょうか。なんとなく、格好良さは以前の方が良かったようにも感じます。

なお、エクスポゼの設定はOS X 10.9、OS X 10.10でも同じように切り替えることが可能となっているので、設定でいくらでも自分好みの環境にすることが可能となっています。

スポンサードリンク

OS X 10.11 El Capitanで再び設定が変更

追記:OS X 10.11 El Capitanでは再びウィンドウが全て見渡せるように初期設定が見直されています。

OS X ミッションコントロール

これはフルスクリーンモードで2画面分割機能が使用することができるようになったり、よりウィンドウ操作を頻繁にするようになったため設定が見直されたと考えることができそうです。

macOS Sierraでトラックパッドでの挙動

macOS Sierra 10.12ではトラックパッドでミッションコントロールを起動した時の挙動が手の動きと連動してウィンドウが動くように変更されています。

macOSの便利な機能と使い方

MacBook Proのレビュー

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。