MacBook Pro Retina 2013年と2012年モデルのベンチマーク性能比較

スポンサードリンク

MacBook Pro Retinaの2013年と2012年の性能比較

Primate Labsが、アップルの「MacBook Pro Retinaモデル(2013)」と「MacBook Pro Retinaモデル(2012)」の13インチと15インチのそれぞれのGeekbenchベンチマークスコアを公開しました。

15インチモデルの性能比較

下記グラフが15インチモデルのベンチマークです。

MacBook Pro Retinaモデル 15インチ(2013)ベンチマーク

基本的にクロック数に合わせた結果となっています。

2012年モデルのハイエンドモデルと2013年モデルのミッドレンジも出るは同じクロック数のプロセッサですが、2013年モデルの方がキャッシュが少ないプロセッサとなり2012年モデルの方が良い結果となっています。

13インチモデルの性能比較

次に13インチモデルのベンチマーク比較です。

MacBook Pro Retinaモデル 13インチ(2013)ベンチマーク

こちらもクロック数に応じた結果となりました。13インチのデュアルコアと15インチのクアッドコアでかなり性能差があるんですね。

13インチモデルのGPUはCPUプロセッサの内蔵GPUを使用しており、「MacBook Air」のハイエンドモデルとほぼ同じ性能となっているので「Pro」の性能ではないような気もします。現在「MacBook Air」でRetinaモデルの噂がありますが、CPUとGPUの性能で差をつけないと「Pro」13インチの存続は難しくなるのかもしれません。

追記:2016年6月にMacBook AirのRetinaディスプレイモデルが発表されるのではないかという噂があり名称が「MacBook」になる可能性も指摘されています。

ラインナップとして「MacBook」で12インチ、13インチ、15インチの3モデル、「MacBook Pro」で13インチ、15インチの2モデルとなり非常にシンプルなラインナップになる可能性も。

→ MacBook Pro – Appleオンラインストア

Primate LabsMacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。