iMac・MacBook・MacBook Pro 2017と旧型モデルのCPU性能を徹底比較!

スポンサードリンク

2017年モデルMacシリーズのCPU性能比較

2017年モデルのiMac、MacBook、MacBook Proシリーズは基本的にはCPUがIntelの第7世代Kaby Lakeプロセッサに強化されたマイナーアップデートモデルとなっていますが、前世代と比較してどれほどCPUの性能が向上しているか気になるところでもあります。そんな中、Mac Benchmarksにて新モデルのベンチマークスコア結果が公開されつつあるので、まとめました。

Macシリーズ

iMac 2017のCPU性能比較

2017年の27インチiMacの上位モデル(Core i7-7700K)は2015年モデルから2000以上もスコアを伸ばす、2012年の12コアMac Proの性能を越し、2013年の8コアMac Proに迫る性能となっています。標準モデル(Core i5-7500)についても1000〜2000ほどスコアを伸ばしており、前世代と比較して確実に性能が向上していることが確認できます。

モデル CPU マルチコアスコア
Mac Pro (Late 2013) Xeon E5-1680 v2 @ 3.0 GHz (8 cores) 21662
iMac (27-inch Retina 2017) Core i7-7700K @ 4.2 GHz (4 cores) 18945
Mac Pro (Mid 2012) Xeon X5675 @ 3.1 GHz (12 cores) 18390
iMac (27-inch Retina 2015) Core i7-6700K @ 4.0 GHz (4 cores) 16968
iMac (27-inch Retina 2014) Core i7-4790K @ 4.0 GHz (4 cores) 14985
iMac (27-inch Retina 2017) Core i5-7600K @ 3.8 GHz (4 cores) 14816
iMac (21.5-inch Retina 2015) Core i7-5775R @ 3.3 GHz (4 cores) 14824
iMac (27-inch Retina 2017) Core i5-7600 @ 3.5 GHz (4 cores) 14686
iMac (21.5-inch Retina 2017) Core i5-7500 @ 3.4 GHz (4 cores) 13798
iMac (27-inch Retina 2017) Core i5-7500 @ 3.4 GHz (4 cores) 13674
iMac (27-inch Retina 2015) Core i5-6500 @ 3.2 GHz (4 cores) 12035
iMac (27-inch Retina 2014) Core i5-4690 @ 3.5 GHz (4 cores) 11697
iMac (21.5-inch Retina 2017) Core i5-7360U @ 2.3 GHz (2 cores) 9383

15インチMacBook Pro 2017のCPU性能比較

15インチMacBook Proは2016年の上位モデル(Core i7-6920HQ)の性能が2015年の上位モデル(Core i7-4980HQ)よりも低いスコアとなっていましたが、2017年モデルは下位モデル(Core i7-7700HQ)でも2016年モデルよりも高いスコアを記録しています。

モデル CPU マルチコアスコア
MacBook Pro (15-inch 2017) Core i7-7920HQ @ 3.1 GHz (4 cores) 15952
MacBook Pro (15-inch 2017) Core i7-7820HQ @ 2.9 GHz (4 cores) 15146
MacBook Pro (15-inch 2017) Core i7-7700HQ @ 2.8 GHz (4 cores) 14426
MacBook Pro (15-inch Retina 2015) Core i7-4980HQ @ 2.8 GHz (4 cores) 14131
MacBook Pro (15-inch 2016) Core i7-6920HQ @ 2.9 GHz (4 cores) 13738
MacBook Pro (15-inch 2016) Core i7-6820HQ @ 2.7 GHz (4 cores) 13197
MacBook Pro (15-inch 2016) Core i7-6700HQ @ 2.6 GHz (4 cores) 12570
スポンサードリンク

13インチMacBook Pro 2017のCPU性能比較

13インチMacBook Proについても全てのモデルで前世代よりも高いスコアとなっています。Touch Bar非搭載の下位モデルでも2016年の上位モデルよりも高い性能を手に入れることができるのは素晴らしいですね。

 モデル CPU マルチコアスコア
MacBook Pro (13-inch 2017) Core i7-7567U @ 3.5 GHz (2 cores) 9795
MacBook Pro (13-inch 2017) Core i5- @ 3.3 GHz (2 cores)  
MacBook Pro (13-inch 2017) Core i7- @ 2.5 GHz (2 cores)  
MacBook Pro (13-inch 2017) Core i5-7360U @ 2.3 GHz (2 cores) 9095
MacBook Pro (13-inch 2017) Core i5-7267U @ 3.1 GHz (2 cores) 8919
MacBook Pro (13-inch 2016) Core i7-6567U @ 3.3 GHz (2 cores) 8009
MacBook Pro (13-inch 2016) Core i5-6287U @ 3.1 GHz (2 cores) 7842
MacBook Pro (13-inch  2016) Core i7-6660U @ 2.4 GHz (2 cores) 7689
MacBook Pro (13-inch 2016) Core i5-6267U @ 2.9 GHz (2 cores) 7538
MacBook Pro (13-inch 2016) Core i5-6360U @ 2.0 GHz (2 cores) 7099

ただ、一つ気になるのが2017年のTouch Barを搭載していない下位モデル(Core i5-7360U @ 2.3 GHz)がTouch Bar搭載モデル(Core i5-7267U @ 3.1 GHz)よりも高いスコアになっているところでしょうか。

12インチMacBook 2017のCPU性能比較

12インチMacBookも2017年の下位モデル(Core m3-7Y32 @ 1.2 GHz)でも2016年の上位モデル(Core m7-6Y75 @ 1.3 GHz)のスコアを超える性能となっており、6819という数字は13インチMacBook Pro 2016よりも高いスコアとなっており、4.5Wの超低電圧プロセッサの性能もついにここまで来たかといった印象です。

 モデル CPU マルチコアスコア
MacBook (2017) Core i7-7Y75 @ 1.4 GHz (2 cores)  
MacBook (2017) Core i5-7Y54 @ 1.3 GHz (2 cores)  
MacBook (2017) Core m3-7Y32 @ 1.2 GHz (2 cores) 6819
MacBook (2016) Core m7-6Y75 @ 1.3 GHz (2 cores) 6481
MacBook (2016) Core m5-6Y54 @ 1.2 GHz (2 cores) 5866
MacBook (2015) Core M-5Y71 @ 1.3 GHz (2 cores) 5328
MacBook (2016) Core m3-6Y30 @ 1.1 GHz (2 cores) 5126
MacBook (2015) Core M-5Y51 @ 1.2 GHz (2 cores) 5080
MacBook (2015) Core M-5Y31 @ 1.1 GHz (2 cores) 4247

MacBookは2017年モデルよりRAMの容量を16GBに増設することができるようになったので、ディスプレイサイズに不満がなければリアルに12インチMacBookをメイン機にしてしまってもいいのではないか思ってしまうほどです。(ちょっと言い過ぎかな?)もちろん、家での使用は外部ディスプレイを接続することが前提となりますが。

Intelの第5世代Broadwellから第6世代Skylakeになった時よりも、第6世代Skylakeから第7世代Kabylakeになった今回の方が全体的な性能アップの幅が広いかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。