iMac 2017は全モデルでRAMの増設可能、ただし21.5インチはApple正規サービスプロバイダにて

スポンサードリンク

iMac 2017の全モデルでRAMの増設可能

27インチiMac(Retina 5K 2017)、21.5インチiMac(Retina 4K 2017)、21.5インチiMac(2017)のすべてのモデルでRAMの交換をすることができることが明らかになりました。

iMac 2017

iMac 2017は27インチモデルのみユーザー自身がRAMの交換をすることが可能となっており、21.5インチモデルはユーザーがRAMを交換することができない仕様になっていることが分かっていました。Appleの公式の仕様にも27インチのみがユーザーがアクセスすることができるSO-DIMMスロットが搭載されており、21.5インチはユーザーがアクセスすることができないようになっています。

iMac 2017 RAMの交換

しかし、Appleがサポート情報「iMac:メモリ仕様とアップグレード」をアップデートし21.5インチモデルはApple正規サービスプロバイダーに持込むことで有償でRAMの増設をすることができるようです。

21.5インチは筐体側のスロットが廃止

iMac 2017も今までのモデルと同じようにマザーボードにメモリスロットが実装され交換可能なRAMが実装されているものの、筐体側のメモリにアクセスするためのスロットが廃止されたためユーザーが交換することができなくなってしまったようです。

なぜこのような仕様になってしまったのかは不明ですが、ハイエンド型のiMac Proも同様にユーザー自身がRAMの増設ができない仕様になっていることから、いずれはすべてのiMacでこのような仕様になっていくのかもしれません。せっかく購入するiMacなので、21.5インチモデルを購入する場合はオプションで16GBか32GBのRAMに増設をしておきましょう!

Macお宝鑑定団Blog
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。