新型iMac 2017の上位モデルはXeonプロセッサにECCメモリを搭載する可能性が?

スポンサードリンク

新型iMac 2017にXeonプロセッサにECCメモリが搭載?

Appleが2017年中に新型のiMacをリリースすることを明らかにしましたが、10月後半には発売するとPike’s Universumが伝えています。

iMac 5Kディスプレイモデル

さらに、詳細なスペックについても言及しており、ハイエンドモデルに関してはMac Proにも採用されているXeonプロセッサの「Xeon E3-1285 v6」を選択することが可能になり、RAMも通常のLPDDR3でがなくECCメモリに対応したRAMを選択することが可能となる16GB〜64GBの容量になるとのこと。

ECCメモリはMac Proに採用されている規格のRAMでメモリに誤った値が記録されていることを検出し、正しい値に訂正することができるメモリモジュールとなっています。NVM Expressに対応した最大2TBのSSDストレージ、VRやプロ向けのアプリを動作させるためのAMDのGPUが採用されるとのことです。

Touch BarやUSB-C/Thunderbolt 3ポートに対応

他にもTouch IDやTouch Barに対応した新型のワイヤレスキーボード、MacBook Pro(2016)にも採用されているUSB-C/Thunderbolt 3ポートに対応するようです。

iMacのCPUプロセッサにXeonシリーズが本当に採用されるのかどうかはマザーボードが完全に異なるものになってしまうことからにわかに信じ難い部分ではありますが、USB-C/Thunderbolt 3ポートや新型のワイヤレスキーボードについては現実味があるように感じます。

スポンサードリンク

Mac miniは性能を大きく向上?

Appleは新型iMacの他にモジュラー設計の新型Mac ProやAppleの外部ディスプレイを開発していることを明らかにしていますが、Mac miniに関しても重要な製品の一つとし、新型のMac Miniに関してはミニではないスペックを持つことから本体設計がより大きなものに刷新される可能性もあるようです。

Pike’s UniversumはmacOSに隠されているソフトウェアのコードを発見することで知られているブログだそうですが、Apple製品の次期モデルに関わる報告で確立された実績はないため噂レベルに捉えた方がいいのかもしれません。

Pike’s UniversumMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。