AppleがMacBook Proのディスプレイの反射防止コーティング剥がれの交換受付期間を延長へ

スポンサードリンク

MacBook Proのディスプレイコーティングが剥がれの交換プログラム

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルにてディスプレイの反射防止コーティングが剥がれてしまう問題が2015年頃から出てきていましたが、Appleがこの問題に対処するために無償でディスプレイを交換することを発表していましたが、受付期間を延長したこと明らかになりました。

MacBook Pro ディスプレイの反射防止コーティング

2012年6月から2017年10月16日までに購入したモデルか購入してから3年以内のモデルが対象のモデルとなっており、Retinaディスプレイを搭載したMacBook Proと12インチMacBookが対象となっています。

(今までは2015年10月16日以降モデルは1年間、それより古いモデルが購入から3年以内となっており、新しいモデルに関しては1年しか交換の対象となっていなかった。)

ただ、Appleとしては正式な交換プログラムとして発表しているわけではなくはAppleのサポートやGenius Barに持ち込むことで対処してくれるようです。

スポンサードリンク

なぜ正式に発表しないのかは分かりませんが、ディスプレイの反射防止コーティングが剥がれてしまう現象は以前に所持していた2012年モデルのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルや知り合いの13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルで発生していたので、反射防止コーティングが剥がれてしまったMacBookは意外と多いのかもしれません。

2016年10月に新型となってリリースされたMacBook Pro 2016でこのような問題が出て来ないかが気になるところですが、ディスプレイのコーティング剥がれ問題は署名が集まるなどかなり問題となったので対処されていることに期待したいところ。

もし、現在お持ちのMacBookしディスプレイのコーティングが剥がれてきてしまい困っているという方は一度修理を依頼してみてはどうでしょうか。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。