MacBook Pro 2017はKaby Lakeプロセッサ搭載か。macOS 10.12.4 betaの内部コードで明らかに。

スポンサードリンク

MacBook Pro 2017に搭載のCPUが明らかに?

2016年10月に新しくなったMacBook Proがリリースされたばかりですが、開発者に提供が開始されているmacOS sierra 10.12.4 betaの内部コード(マザーボードの識別子)に次期MacBook Pro 2017に関する記述があることが明らかになったようです。

第2世代のバタフライ構造キーボード

次期MacBook Pro 2017は現行モデルに採用されているSkylakeプロセッサの後継となるIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」が採用されることになるようです。以下、マザーボードの識別子からどのチップが採用されるのかMacRumousが判別しています。

13インチMacBook Pro(Touch Barなし)

Uシリーズのプロセッサの内蔵GPUはIris Plus Graphicsという名称になるようですが、どれほどの性能アップが期待できるのかが気になるところでもあります。

2017 Late 2016(現行)
エントリーモデル Intel Core i5-7260U 2.2GHz (max Turbo Boost 3.4 GHz) with Intel® Iris Plus Graphics 640 (15W) Intel Core i5-6360U 2.0 GHz (max Turbo Boost 3.1 GHz) with Intel® Iris™ Graphics 540 (15W)
CTOモデル Intel Core i7-7660U 2.5 GHz (max Turbo Boost 4.0 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 640 (15W) Intel Core i7-6660U 2.4 GHz (max Turbo Boost 3.4 GHz) with Intel® Iris™ Graphics 540 (15W)

13インチMacBook Pro(Touch Barあり)

2016年モデル同様にタッチバーありモデルはタッチバーなしモデルよりも消費電力が高く高性能なCore i5プロセッサが採用されています。個人的にはタッチバーありモデルにもより省電力なCore i5-7260Uを選択できるようにしてほしいですね…。やっぱりモバイル機として電池の持ちは重要だと思うんですよね。

2017 Late 2016(現行)
エントリーモデル Intel Core i5-7267U 3.1 GHz (max Turbo Boost 3.5 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 650 (28W) Intel Core i5-6267U 2.9 GHz (max Turbo Boost 3.3 GHz) with Intel® Iris™ Graphics 550 (28W)
上位モデル Intel Core i5-7287U 3.3 GHz (max Turbo Boost 3.7 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 650 (28W) Intel Core i5-6287U 3.1 GHz (max Turbo Boost 3.5 GHz) with Intel® Iris™ Graphics 550 (28W)
CTOモデル Intel Core i7-7567U 3.5 GHz (max Turbo Boost 4.0 GHz) with Intel® Iris™ Plus Graphics 650 (28W) Intel Core i7-6567U 3.3 GHz (max Turbo Boost 3.6 GHz) with Intel® Iris™ Graphics 550 (28W)
スポンサードリンク

15インチMacBook Pro

基本的には消費電力はそのままにクロック数が0.2GHzほと向上している感じでしょうか。多少の性能アップは期待できるのかもしれませんが2016年モデルから乗り換えるほどではないでしょう。

2017 Late 2016(現行)
エントリーモデル Intel Core i7-7700HQ 2.8 GHz (max Turbo Boost 3.8 GHz) with Intel® HD Graphics 630 (45W) Intel Core i7-6700HQ 2.6 GHz (max Turbo Boost 3.5 GHz) with Intel® HD Graphics 530 (45W)
上位モデル Intel Core i7-7820HQ 2.9 GHz (max Turbo Boost 3.9 GHz) with Intel® HD Graphics 630 (45W) Intel Core i7-6820HQ 2.7 GHz (max Turbo Boost 3.6 GHz) with Intel® HD Graphics 530 (45W)
CTOモデル Intel Core i7-7920HQ 3.1 GHz (max Turbo Boost 4.1 GHz) with Intel® HD Graphics 630 (45W) Intel Core i7-6920HQ 2.9 GHz (max Turbo Boost 3.8 GHz) with Intel® HD Graphics 530 (45W)

Intelの Kaby Lake プロセッサはSkylakeと同じ14nmプロセスのプロセッサで大幅な性能アップは期待できないものの、より最適化されたプロセッサになっているので安定性の向上は期待できそうです。

macOS Sierra 10.12.4の最初のbeta版は1月24日に開発者にリリースされ2月下旬から3月上旬にかけてリリースされると予想されていますが、新型のMacBook Pro 2017がこの時期にリリースされる可能性は低いでしょう。2017年6月に開催されるWWDC 2017でサイレントアップデートされるかもしれませんが、今までの情報では2017年後半にアップデートされるのではないかと見られています。

なお、AppleはMac向けのARMアーキテクチャをベースとしたT310チップ(T1チップの後継)を開発していることが少し前に明らかになりTouch Bar以外にPower Napなどの機能を処理させるためのチップではないかと噂されています。

また、15インチMacBook Proで32GBのRAMを、12インチMacBookででゃ16GBのRAMを積めるようになるという情報もあります。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。