次世代のMacBook ProのTouch Barは電子ペーパー(E-ink)を採用か

スポンサードリンク

次世代のTouch Barは電子ペーパー(E-ink)採用か

新しくなったMacBook Pro Late 2016には有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したTouch Bar(タッチバー)が搭載されていますが、Appleは電子ペーパー技術(E-ink)を使ったTouch Barを検討していることが米国特許庁が公開した資料から明らかになりました。

Touch Bar E-Ink

キーボード本体やマウスやトラックパッドにも

E-inkを採用することでMacBook Proのキーボードのファンクションキーの部分だけには留まらずキーボード、トラックパッド、マウスなどにも搭載され現在のTouch Barのように表示を変更することができる機能が搭載されるというものとなります。

また、GPSやWi-Fiを使用することで使用している場所を判断して言語に合わせてキーボードの種類を変更させることができる機能も記述されているようです。また、音量ボタンなどのサイズを自由に変更させることができたりWi-Fiの信号ステータスを表示させる機能も検討しているようです。

なお、以前にMagic KeyboardにE-inkを搭載した「Magic Keyboard 2」が開発されているのではないかという情報がありました。

iPadにもTouch Barが搭載される?

AppleはMacだけではなくiPadのベゼル部分にもTouch Barを採用させることができないか検討しているようです。

iPad Touch Bar

iPadに通常のディスプレイ以外にE-inkディスプレイを搭載することのメリットがあるようには感じられませんが、あらゆる可能性をAppleは模索しているということでしょうか。

スポンサードリンク

なお、iPadをデュアルディスプレイ化することができるアプリDuet DisplayではTouch BarをiPadの画面上で使用することができる機能を搭載させました。

カラー表示可能なE-inkが必須

E-inkの最大のメリットは消費電力が非常に低いということでしょう。現在、Amazonの電子書籍端末のKindleがE-inkディスプレイを搭載しており驚異的な起動時間を実現しています。マウスやトラックパッドにTouch Barのような機能を搭載させるにはE-inkディスプレイは非常に相性の良いと言えるでしょう。

もしMacにE-inkのTouch Barが採用されるとすればカラー表示が可能なE-inkが必須ということになりそうです。

Kindleがカラー表示できるE-inkディスプレイを搭載したモデルを開発しているという情報がありますが、市販化されるのはまだ先のことになりまそうなので、MacのTouch BarのE-inkディスプレイ化はまだまだ先のことになるのかもしれませんね。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。