MacBook Proのタッチバーにアプリアイコンを表示できるTouchSwitcherが便利!

スポンサードリンク

Touch Barにアプリアイコンを表示させる方法

MacBook Pro Late 2016に搭載されているTouch Bar(タッチバー)ですが、サードパティーアプリの「TouchSwitcher」を利用することで、Dockに表示されているアプリのアイコンをTouch Barに表示させることができます。このアプリがなかなか良い感じなので紹介したいと思います。

TouchSwitcherをインストールする

TouchSwitcherはこちらのサイトからダウンロードしインストールし起動させることでTouch Barにアプリのアイコンを表示させることができます。設定で「ログイン時に開く」にチェックを入れておいた方がいいかもしれませんね。

TouchSwitcher

Touch Barの右側の部分にAppのアイコンが表示されるようになります。

TouchSwitcher MacBook Pro

Appのアイコンをタップすると現在起動しているアプリのアイコンが表示されます。

TouchSwitcher 表示

TouchSwitcherの設定はTouch Barに表示されている歯車のアイコンをタップすることで表示させることができます。Dockに入っていないアプリも後から「Touch Bar設定」から自由に追加させることができます。

左にスライドすることで起動していないDockに格納されているアプリもこのようにTouch Barに表示させることができます。

TouchSwitcher アプリの表示

この画像では分かりにくいですが、起動していないアプリは少し暗めに表示されており、起動しているのかしていないのかが一目で判別がつくように鳴っています。

スポンサードリンク

まとめ

個人的にはまだまだタッチバーを使いこなせていないのですが、このTouchSwitcherをインストールすることでTouch Barにアプリのアイコンを表示させることができるので、デスクトップ画面の下や横に表示させているDockは非表示にしても特に問題はなさそうです。

このような機能がmacOSの標準機能で使えるようになるといいんですけどね。今後のアップデートで追加されても不思議ではない機能と言えるのかもしれません。

MacBook Proに関するレビュー記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。