macOS Sierra 10.12.2でバッテリーアイコンの「残り時間」を確認する方法

スポンサードリンク

バッテリーアイコンの「残り時間」を確認する方法

macOS Sierra 10.12.2にアップデートすることで様々な不具合が解消されることになりますが、上部メニューバーのバッテリーのアイコンをクリックしても残りのバッテリーの駆動時間の予測が表示されない仕様に変更されてしまったようです。

macOS Sierra 10.12.2 電池残り時間

MacBook Proを残りどれくらい使うことができるかの時間の目安として重宝していた残り時間表示ですが信頼性に乏しかったのも事実で状況に合わせてドンドン電池残量が減ってしまったりしていたので表示から消したのでしょうか。(特に負荷の高いアプリを起動したり終了したりすることを繰り返すと数値の変動が激しい。)

スポンサードリンク

アクティビティモニターで「残り時間」を確認可能

機能自体が無くなった訳ではなく「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「アクティビティモニター」→「エネルギー」の中に「残り時間」を今まで通り確認することができます。

アクティビティモニター 電池残り

わざわざ、アクティビティモニターにアクセスしないといけないのは面倒ですが、おおよその目安にはなりので残り時間が気になるという方はDockに「アクティビティモニター」を常駐させて確認をすることをお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。