macOS Sierra 10.12.2がリリース!MacBook Pro(Late 2016)のGPU表示不具合に対応!

スポンサードリンク

macOS Sierra 10.12.2がリリース!

Appleが「macOS Sierra 10.12.2」を正式にリリースしました!今回のアップデートで問題となっていたMacBook Pro(Late 2016)のGPUに関する表示不具合が改善され、全体的な安定性が向上することになる重要なバージョンとなっています。

macOS Sierra 10.12.2

macOS Sierra 10.12.2にアップデートすると以下の機能追加、不具合修正が実施されることになります。

  • Apple Watchによる自動ロック解除の設定方法と信頼性が改善されます
  • Touch BarのControl Stripに中国語のトラックパッド手書き認識ボタンの追加が可能になります
  • “グラブ”アプリケーションまたはショートカットキー(Command+Shift+6)を使ってTouch Barのスクリーンショットの撮影が可能になります
  • Touch Barの絵文字ピッカーがディスプレイに表示されてしまう問題が修正されます
  • MacBook Pro(October 2016)コンピュータのグラフィックスの問題が解決されます
  • 一部のMacBook Pro(October 2016)コンピュータでシステム整合性保護が無効になる問題が修正されます
  • iCloudの“デスクトップ”と“書類”の設定および無効化のエクスペリエンスが改善されます
  • 最適化されたストレージの通知の表示方法に関する問題が修正されます
  • BluetoothヘッドフォンでSiriやFaceTimeを使用しているときのオーディオ品質が改善されます
  • “写真”でブックを作成および注文するときの安定性が向上します
  • Microsoft Exchangeアカウントを使用している場合に“メール”に受信メッセージが表示されない問題が修正されます
  • Safari機能拡張ギャラリー以外からダウンロードしたSafari機能拡張をインストールできない問題が修正されます
  • 対応のMacでBoot Campを使ってWindows 8およびWindows 7の新規インストールが可能になります

グラフィックの表示問題の改善はもちろんですが、タッチバーの表示の一部が画面に出てくることが何度かあったので、これが改善されているのは良かったです。その他にもメニューバーにバッテリーのアイコンをクリックした時に表示されていた残り時間の表示が廃止されているなど細かい部分で変更が実施されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。