15インチMacBook Pro(2016)実際のバッテリー駆動時間を計測してみた!

スポンサードリンク

15インチMacBook Pro 2016の実バッテリー駆動時間

MacBook Pro Late 2016のバッテリー駆動時間は13インチ・15インチの全モデルにおいて10時間駆動することが公式で発表されていますが、実際にどれくらい電池が持つのが15インチMacBook Proで試してみました。

MacBook Pro Late 2016 バッテリー

今回、試してみたMacBook ProはGPUを4GBに盛ったモデルなので、おそらく他のモデルに比べるとバッテリーの減りは速いのかなと思います。

  • CPU:2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • GPU:Radeon Pro 460(4GBメモリ搭載)
  • RAM:16GB 2,133MHzメモリ
  • SSD:512GB PCIeベースSSD

ディスプレイの明るさは75%に設定しています。電池残量が100%の状態で13時間駆動する計算となっています。

MacBook Pro 15 Late 2016 バッテリー

これだけ動いたら凄いと思いますが、実際にどれくらい駆動することができるでしょうか。ということで、1日掛けていつもの作業をしながらバッテリーの残量を記録していきました。

なお、15インチMacBook Proは負荷が掛かると自動的に内蔵GPUから外部GPUに切り替わりますが、おそらくParallelDesktop 11、Adobe Illustrator、Photoshop、iTunes(エフェクト付き)を使っている時は外部GPUに切り替わっていると思います。

スポンサードリンク

計測してみた!

以下、結果です。

 期間 電池残量 作業 時間
10:15〜10:18 100%
10:18〜10:45 95% Safari、iTunes、
ParallelDesktop 11
(Windows 8.1起動)
27分
10:45〜11:31 81% Safari(ブログ作成)
Adobe Illustrator、Photoshop、
iTunes
46分
11:31〜12:38 66% Safari(YouTubeで動画閲覧) 67分
12:38〜12:59 57% Safari、iTunes(エフェクト付き) 19分
12:59〜17:42 55% スリープ (283分)
17:42〜18:14 51% iTunes(画面消) 32分
18:14〜18:38 46% ParallelDesktop 11
(Windows 8.1起動)
24分
18:38〜20:50 44% スリープ (132分)
20:50〜23:22 11% Safari(ブログ作成) 142分
23:22〜23:57 5% Safari、mail 35分
合計 392分(6.5時間)

15インチMacBook Pro Late 2016は普段使いで6.5時間充電をすることなく作業をすることができました。5%になった時点で作業を終了しスリープモードにして寝たので実際に7時間ほどの作業が出来たかもしれません。

2016-12-11-23-57-12

7時間というバッテリー駆動時間は公式の10時間には到底及びませんでしたが、標準スペックのRadeon Pro 450(2GBメモリ搭載)モデルならもう少し長く持つかもしれません。また、画面の明るさを50%程度に抑えるだけでも結果はかなり変わるかもしれません。

今まで使っていた2013年モデルのMacBook Proは4時間くらいしか持たなかったことを考えるとかなり使いやすくなりました。もちろん、バッテリーがヘタってきていることも要因の一つだと思いますが。今度は13インチモデルでも試してみたいな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。