タッチバー搭載のMacBook Pro Late 2016はSSDストレージ交換が不可能に!

スポンサードリンク

タッチバー付きMacBook Pro(Late 2016)はSSD交換不可能に

タッチバーが搭載されたMacBook Pro(Late 2016)はSSDストレージがメイン基板に直接はんだ付けされていることから交換できないことが明らかになりました!

MacBook Pro Late 2016 15インチの内部

前モデルとタッチバー無しの13インチMacBook Pro(Late 2016)に関しては、SSDストレージは別の基板に実装されているため取り外してサードパティー製のSSDに入れ替えて容量を増やすということも可能でした。

しかし、タッチバー付きモデルのに関しては13インチ、15インチ関係無しでSSDの容量を増やすことは出来ない仕様になってしまったようです。

スポンサードリンク

できれば購入時に容量を増やしておこう

ただ、SSDストレージの交換は作業的にも難しいですし、ストレージ自体も結構高いので後から容量を増やすというのは現実的ではないと思います。なので、換装することができるタッチバー無しモデルでも、将来のことを考えて購入する時に必要な容量を確保しておいた方がいいのかなと思います。

ちなみに、MacBook Pro(Late 2016)は13インチで1TB、15インチは最大で2TBまで容量をカスタマイズすることができます。動画をガンガン扱わないのであれば1TBの容量で十分に足りるでしょう。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。