新型13インチMacBook Pro 2016の外観レビュー!小型化されモバイル性も向上、スペースグレイが格好いい!

スポンサードリンク

新型13インチMacBook Pro(Late 2016)の実機レビュー!

やっと13インチのMacBook Pro(Late 2016)が届きました!と言ってもタッチバー無しバージョンの一番安いモデルなんですけどね。サブ機として使う予定なので、必要再現の機能と性能を持ち合わせていて価格の安い下位モデルの13インチのMacBook Pro(Late 2016)を購入したわけです。

ということで、13インチのMacBook Pro(Late 2016)の開封の儀をしたいと思います!

購入したMacBook Pro(Late 2016)のスペック

大きく分けてタッチバー付きモデルとファンクションキー付きモデルの2種類ありますが、僕が購入したのは価格の安いファンクションキー付きモデルです。

Touch Bar
搭載
2016年モデル
ファンクションキー
搭載
2016年モデル
ディスプレイ 2,560 x 1,600ピクセル
広色域(P3)Retinaディスプレイ
500ニトの輝度
CPU Intel 第6世代
2.9GHzデュアルコアIntel Core i5
(3.1GHz Intel Core i5、3.3GHz Intel Core i7変更可能)
Intel 第6世代
2.0GHzデュアルコアIntel Core i5
(2.4GHz Intel Core i7変更可能)
GPU Intel Iris Graphics 550 Intel Iris Graphics 540
RAM 8GB 2,133MHz LPDDR3
(16GBに変更可能)
8GB 1,866MHz LPDDR3
(16GBに変更可能)
SSD 256GB/512GB/1TB 256GB
ポート Thunderbolt 3 × 4(USB-C) Thunderbolt 3 × 2(USB-C)
拡張性 Thunderbolt 3(最大40Gbps)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
タッチバー
Touch ID
×
ファンクションキー ×
ワイヤレス 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Bluetooth 4.2
スピーカー ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
3つのマイクロフォン
外部ディスプレイ 最大2台の5Kディスプレイ
カメラ 720p FaceTime HDカメラ
バッテリー容量 49.2Wh 54.5Wh
ワイヤレスインターネット閲覧時間 最大10時間
iTunesムービー再生 最大10時間
カラー シルバー
スペースグレイ
高さ

奥行き
重量
1.49 cm
30.41 cm
21.24 cm
1.37kg
価格 178,800円〜 148,800円〜

特にカスタマイズをしていないのでRAMの容量も8GBと低スペック。文章を打つことをメインで使用する予定なので一番性能が低いモデルで十分です。ただ、キーボードはJIS配列ではなくUS配列にしています。だから到着が少しだけ遅かったのです。

MacBook Pro(Late 2016)のパッケージと付属品

では、早速13インチMacBook Proを箱の中から出していきたいと思います!梱包方法はいつも通りですが、MacBook Proのフォントの種類が変更されていますね。

13インチMacBook Pro 梱包

なんで変更したんでしょうかね。今年はiPhoneのロゴの書体も変更されており、細かいところを手に加えているという印象を受けます。

パッケージは横から見たMacBook Proが少しだけ開いた状態で印刷されています。

13インチMacBook Pro パッケージ

箱のフタを開けるといつも通り一番上にMacBook Pro本体がお披露目です!

13インチMacBook Pro 本体

ちなみに、今回はスペースグレイを選びました。黒すぎないスペースグレイの色ってMacBookに非常に合ってると思うんですよね。iPhoneのスペースグレイはあまり好きではありませんが、MacBook Proのスペースグレイは大好きです。

本体の下に説明書、61W USB-C電源アダプタ、USB-Cケーブルが入っています。

13インチMacBook Pro 付属品

USB-Cケーブルと61W USB-C電源アダプタです。
61W USB-C電源アダプタとUSB-Cケーブル

61Wなのでそこそこ大きな電源ですね。12インチのMacBookが29Wだったので倍以上の容量になります。そう考えるといかにMacBookは省電力で動いているのかが分かります。

残念なことにケーブルを巻きつけることができるウィングが非搭載となりました。持ち運ぶときはUSB-ケーブルを取り外すことを考慮したのかもしれませんが、ウィングは結構便利だっただけに少し残念ですね。

では、MacBook Pro(Late 2016)の外観を見ていきましょう!

スポンサードリンク

MacBook Pro(Late 2016)の本体外観

Appleのロゴマークは今までは白く光っていましたが、12インチMacBookと同様に黒色のロゴに変更されていますね。黒色のロゴとスペースグレイの本体は合っているように感じます。

13インチ MacBook Pro 本体外観

ディスプレイを開くといきなり電源がオンになりました。

13インチ MacBook Pro 電源自動ON

2016年モデルのMacBookよりディスプレイを開くと電源が自動的にオンになる仕様に変更されましたが、初期設定もしていない状態で自動的に電源がONになったことに驚いてしまいました…(笑)ということで、先に初期設定を一通りしてしまいます。

13インチ MacBook Pro 初期設定

初期設定が完了して起動です。雰囲気としては12インチMacBookに近いですね。

13インチ MacBook Pro 本体外観

2012年に登場したRetinaモデルで下面に移動していた「MacBook Pro」のロゴがディスプレイ面に復活しています。こちらのロゴも同様に書体が変更されています。

13インチ MacBook Pro ロゴ

キーボード上部にはタッチバーはもちろん搭載されておらず、いつものファンクションキーが搭載されています。タッチバーはいらない、いつも通りのファンクションキーを使いたいという方は価格の安いこちらを選びましょう!

キーボードには第2世代になったバタフライ構造のキーボードが搭載されています。

13インチ MacBook Pro バタフライ構造のキーボード

少しだけキーが厚くなったように見えます。正直なところ、どこがどう進化したのか見た目だけでは分からないのですが、実際に使ってみるとキーの打ち心地は明らかに違いを感じることができます。第2世代のバタフライ構造のキーボードの方がポチポチと反応を指に感じることができ、入力しているという感じがあります。また、指の疲れ具合も第2世代の方が少ないように感じますね。

そして、キーボード下に搭載されているトラックパッドは超巨大です。

13インチ MacBook Pro トラックパッド

これだけ大きいと誤動作させてしまうのではないかと思ってしまいますが、意外と大丈夫です。トラックパッドによってカーソルが変なところに飛んでしまうといった現象は起きにくくなっています。

外部ポートですが、本体左側にThunderbolt 3(USB-C)ポートが二つ搭載されています。

13インチ MacBook Pro USB-Cポート

電源はUSB-C経由で供給されるまで今まであったMagsafeポートは廃止されています。ここはかなり賛否あるところだと思いますが、僕もMagsafeポートは残しておいて欲しかったと思っています。

13インチ MacBook Pro スピーカー

なお、キーボード横には今まで15インチモデルしか搭載されていなかったスピーカーグリルが搭載され、よりいい音を奏でることができるように進化しています。

また、見た目じゃ分からないのですが、スピーカーが搭載されている内部構造が刷新され音質が良くなっています。前15インチモデルと聴き比べをして見たのですが、より締まった音になっており確かに音質は向上しているように感じます。

右側に3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されています。

13インチ MacBook Pro ヘッドフォンジャック

タッチバー付きモデルはさらに2つのThunderbolt 3(USB-C)ポートが搭載されています。ファンクションキーモデルは本当に必要最低限のポートしか搭載していないので、場合によっては使い方が制限されるかもしれません。

Thunderbolt 3(USB-C)ポートは二つでいいとしてもSDカードスロットが搭載されていないのが少し痛いですね。いくらなんでも省きすぎなのでは。

本体とディスプレイを繋いでいるヒンジは新開発されており12インチMacBookのものとも違う構造になっているようですね。

13インチ MacBook Pro ヒンジ部分

おそらく、この新設計のヒンジによって本体サイズをより小型にすることができたのだと思います。

13インチ MacBook Pro ヒンジ部分

ヒンジ部分にしっかりと排気する穴が空いているので、12インチMacBookのように熱で不安定になってしまうということはないでしょう。

まとめ

13インチMacBook Proのファンクションキーモデルはタッチバーが搭載されていないので、機能的進化はありませんが堅実に進化を遂げたモデルと言っていいでしょう。

デザインもブラッシュアップされ前モデルはボテっとした感じでしたが、シュッとスタイリッシュになりカッコよくなったと思います。また、本体サイズも小さくなり、重量も持った感じでもかなり軽くなっているので持ち運びもしやすくなりました。

12インチのMacBookのいいところ取りをしたかのようなモデルで、良きライバル関係になったのかなと思います。本当に持ち運ぶことをメインで考えない限りCPUも高速な13インチのMacBook Proを選択した方がいいでしょうね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。