MacBook Pro 2017でRAMの容量が32GBになりCannon lakeプロセッサを搭載か

スポンサードリンク

「MacBook Pro 2017」で32GBのRAM搭載か?

新型MacBook Pro(Late 2016)はRAMの容量は今までどおり16GBまでしか搭載していないことから失望した方も多いかと思いますが、2017年にモデルチェンジをする時に32GBのRAMを搭載するとKGI証券のMing-Chi Kuo氏が報告しています。

MacBook Pro 2016

RAMはLPDDR4に、CPUはCannon lakeを搭載?

2017年後半にMacBook Proがモデルチェンジをすると見ているようで、既存のLPDDR3のRAMからLPDDR4に変更することで15%〜25%の消費電力を抑えることが可能となります。

また、Intelの第8世代CoreプロセッサとなるCannon lakeが2017年後半に投入されることから最新のプロセッサを搭載することでMacBook Pro(Late 2016)に32GBのRAMが搭載されなかった理由の1つであるバッテリー駆動時間が短くなる問題を解決できるようです。

スポンサードリンク

ただし、32GBのRAMが搭載されるかどうかはCannon lakeプロセッサが予定通りに2017年後半に投入されるかどうかに掛かっているようで、もう1つの製品ラインのCoffee Lakeプロセッサが採用された場合は16GBのRAMのままである可能性があるようです。

Cannon lakeは10nmのプロセスルールで製造されたプロセッサとなっており、より省電力で動作するように設計されていますが、Coffee Lakeは14nmのプロセスルールで製造されたプロセッサとなっています。

不思議なことに10nmのCannon lakeがメインストリームで14nmのCoffee Lakeはハイエンドに採用されるプロセッサなんだそうです。Cannon lakeはより省電力に注力したプロセッサなのでしょうか。

まだタッチバー付きのMacBook Proの出荷が始まっていない中でもう次のモデルについてのことについてになりますが、MacBook Pro 2017で32GBのRAMが搭載されることが確実視されることになれば、1年間待った方がいいのかなとも思ってしまいますね。

価格が下げられる可能性も

MacBook Airの後継機が出なかったことから新型モデルを買おうと思った場合はより価格の高いMacBook Proを選ぶしか無くなりました。そこで。32GBのRAMを搭載したモデルが投入されることで、現状の製品ラインの価格がグッと下げられる可能性もあるようです。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。