MacBook Pro(2016)のRAM容量が最大16GBである理由はバッテリー持ちだった!

スポンサードリンク

MacBook Pro (Late 2016) RAMの最大容量が16GBの理由

新しくなったMacBook Proの最大RAM容量は今までのモデル同様の16GBまでとなっています。

MacBook Proの購入画面でオプションで32GBを選択できるのではないかと期待していた方も多かったと思いますが、これはバッテリー駆動時間に悪影響をもたらしてしまうが理由であることが明らかになりました。

MacBook Pro 2016

ワールドワイドプロダクトマーケティング担当の上級副社長であるPhil Schiller氏によると、新しいMacBook Proに32GBのRAMを搭載しないのはRAMの容量を増やすことによってバッテリーの持ちが悪くなってしまうことであることが理由の一つなんだとか。

全体的な性能向上でカバーできる?

確かにRAMの容量を増やすということはメモリーチップを増やすということなので必然的に電池の持ちが悪くなってしまうのかもしれません。しかし、MacBook Proは名の通りプロ仕様であり、クリエイティブな作業をするために使っているというユーザーも数多いと思います。

スポンサードリンク

僕は16GBのRAMを搭載したMacBook Pro (Late 2013)を4Kディスプレイに接続して使っておりIllustratorやPhotoShopを併用してるとRAMの容量が足りないなと感じることがあります。

オプションで32GBのRAMを選べるようにして欲しかったのですが、新しいMacBook ProのSSDストレージの速度は従来のモデルよりも高速化され、15インチ MacBook Proのディスクリート型GPUは「Radeon Pro 450 2GB」を搭載、さらにオプションで「Radeon Pro 460 4GB」にグレードアップすることも可能。

これにより4Kディスプレイに接続した時の負荷は今までのモデルに比べて少ないはず。全体的な性能が向上したことによってRAMの容量を増やすことができないというデメリットをカバーできていることに期待したいですね。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。