新型「MacBook Pro」はロゴがディスプレイ面に復活!タッチバーやTouch IDの搭載へ!

スポンサードリンク

新型MacBook Pro 2016の公式画像!

先日リリースされたmacOS Siera 10.12.1のシステムファイルの中に、新型のものと思われるMacBook Proのモデルの画像がふくまれていることが明らかになりました!

こちらが今回発見された新型のMacBook Proに搭載が噂されているOLEDディスプレイを搭載したタッチバー(Magic toolBar)を含んだ画像となっています。

新型MacBook Pro タッチバー

タッチバー(Magic toolBar)は使用しているアプリによって表示を変更することができる可変ファンクションキーとなっています。

Touch IDが搭載!

新型MacBook Proには指紋認証のTouch IDが電源ボタンの部分に搭載されていると言われていますが、以下の画像ではApple Payでの支払いを説明している画面でしょうか。タッチバー(Magic toolBar)の右側の部分にTouch IDが搭載されていることが確認できます。

新型MacBook Proの外観

やはりMacBook ProにもTouch IDが採用されることになるんですね。iPhoneやiPadはAプロセッサのセキュアな領域に指紋データが格納されていますが、MacBook Pro向けにTouch ID専用のチップを搭載しているのかもしれません。

情報ではApple Watch series2に採用されているS2チップのカスタムモデルをタッチバー(Magic toolBar)を動作させるために搭載しているとも言われており、そこに指紋データを格納することができるようにカスタムされているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

MacBook Proのロゴが復活!

興味深いのはMacBook Proのロゴがディスプレイ上に復活している点でしょうか。MacBook ProのロゴはRetinaディスプレイモデルとなった時に下面部分に移動してしまいますたが、12インチのMacBookでディスプレイ面にロゴが表記される形に戻っています。

キーボードは超薄型のバタフライ構造か

また、キーボードのキーピッチを見ると12インチMacBookのバタフライ構造のキーボードが採用されているように見えますね。この画像のMacBook Proの画面サイズは不明ですが、キーボードの大きさから判断して13インチモデルである可能性が高そうです。

デザインが刷新されると言われていますが、上から見た感じではさほど変化がないようにも見えますが、ヒンジ部分が新しい設計になっていることが確認できます。何か機能的な進化があるのか気になるところです。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。