macOS 10.12.1がリリース!不具合修正やApple Watchの自動ロック解除の信頼性向上へ!

スポンサードリンク

macOS 10.12.1を正式にリリース

Appleが、macOS 10.12.1を正式にリリースしました!

macOS Sierra 10.12.1

macOS 10.12.1にアップデートすることでiOS10.1で対応したiPhone7 Plusの被写界深度エフェクト(ポートレートカメラ)イメージ用の自動スマートアルバムを写真に追加する機能や、Microsoft Officeの互換性を向上、不具合の修正や安定性の向上が図られることになります。

  • iPhone 7 Plusで撮影した被写界深度エフェクトイメージ用の自動スマートアルバムを”写真”に追加
  • iCloudの”デスクトップ”と”書類”を使用する場合のMicrosoft Officeの互換性を向上
  • Microsoft Exchangeアカウントを使用している場合に”メール”をアップデートできない事がある問題を修正
  • ユニバーサルクリップボードの仕様時にテキストが正しくペーストされないことがある問題を修正
  • Apple Watchでの自動ロック解除の信頼性を向上
  • Safariのセキュリティと安定性の向上

iOS10.1と比べると新機能は少なめですが、アップデートをすることでSafariのセキュリティと安定性が向上するなど全体的な使い勝手は良くなることは間違いないでしょう。

個人的にはApple Watchの自動ロック解除の信頼性が上がったのは嬉しいですね。前のバージョンでは解除できないこともあったので。

スポンサードリンク

watch OS 3.1を正式にリリース

また、他にもApple Watch向けにwatch OS 3.1がリリースされ、Apple Watch Series 2でApple Payを使って決済をすることができるようになります。

  • 日本で販売されるApple Watch Series 2でApple Payが利用できるようになり、店舗やAppでクレジットカードやプリペイドカードでのお支払いが可能
  • 日本全国で、Suicaによる交通機関や店舗での支払いに対応
  • Apple Payを利用して、WalletでSuicaにチャージしたり、定期券を更新することが可能に
  • ”メッセージ”Appで、”吹き出し”および”スクリーン”エフェクトを再生する新オプションを追加
  • ”視覚効果を減らす”がオンの時でもメッセージのエフェクトが再生可能に
  • タイマー終了が2回通知されてしまう問題を修正
  • Apple Watch Series 2が完全に充電出来ない問題を修正
  • アクティビティリングが文字盤から消えてしまう問題を修正
  • 他社製のAppで、Force Touchのオプションが表示されない問題を修正

Apple WatchのアップデートはiPhoneの「Apple Watchアプリ」から「一般」→「ソフトウェアアップデート」から実施することができますが、Wi-Fiに接続されたiPhoneが近くにあり充電器に接続された状態で50%以上の電池残量があることが条件となっています。

その他にApple TV(第4世代)向けに、tvOS 10.1もリリースされるなどアップデート祭りとなっています!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。