新型MacBook Air 2016は11インチが廃止され13インチのみに?

スポンサードリンク

10月末にMacBook ProとAir (Late 2016) を発表か?

やはり、2016年10月後半にも新型MacBook Pro (Late 2016) とMacBook Air (Late 2016) が発表されて発売が開始される可能性が極めて高いようですね。これは信頼出来る情報筋としてMacお宝鑑定団Blog[羅針盤] が伝えているものですが、随分前から10月末のMacBook Proが発表されると噂れていました。

MacBook Pro 2016 タッチバー コンセプト5

新型となるMacBook Pro (Late 2016) は今までどおり13インチと15インチの2モデルが用意され、MacBook Air (Late 2016) に関しては11インチがついに廃止され13インチのRetinaディスプレイを搭載して10月末までに出荷する可能性があるとのことです。

これらのモデル全てはUSB-CとThunderbolt3ポートが搭載され、今まで採用されているたUSB-Aコネクタ、MagSafe 2、Thunderbolt2ポートのサポートは終了することになるようです。

まあ、2015年3月に登場した12インチのMacBookでUSB-Cオンリーのポート体制となったことを考えると必然的な流れといえるかもしれませんね。

スポンサードリンク

11インチのMacBook Airは廃止?

現行モデルの11インチのMacBook Air(128GB)は102,800円から購入することができ、12.9インチのRetinaディスプレイのiPad Pro(128GB)ですら92,800円で買うことができることを考えると少々高い価格設定になっていたと言えるでしょう。

とはいえ、MacBookシリーズの中では一番低価格の製品だったことから、低価格で購入することができるMacBookが無くなるのは少々不安を感じます。

12インチのMacBookは148,000円からですからね。13インチのMacBook AirがRetinaディスプレイを搭載することになるとそれを下回る価格はあり得ないでしょうし、どのようなラインナップ構成になるのか、ちょっと気になるところです。

なお、Appleは10月25日(火)に2016年度第4四半期の決算発表を行うことを発表しています。タイミング的にはこの時に発表し、数日後には発売を開始する….という流れになるでしょうか?

Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] Appleinsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。